« 「フェイクシティ ある男のルール」 | トップページ | 「MW-ムウ-」 »

2009.06.29

「愛を読むひと」

ベルンハルト・シュリンクのベストセラー小説「朗読者」を映画化したものだそうだ。

主演はケイト・ウィンスレット。

1958年のドイツ、15歳のマイケルは、ふとしたきっかけで21歳年上のハンナと知り合い、ベッドを共にすることになる。彼女に頼まれて本を朗読してあげるようになるが、ある日突然、彼女は姿を消す。時は流れ、法学部の学生となったマイケルは戦時中のある罪を裁く裁判を傍聴した際に、被告になったハンナの姿をみつける。

ハンナが筆跡鑑定をする為に、自書を求められた時、自書を拒否して罪を被ってしまうのです。しかし、マイケルはその訳を知っていた・・・ハンナは文盲だったのです。
文盲であることを恥と思い罪を被ったハンナ、そのことを知っていてハンナを説得に一度は出かけて行くのですが、戻ってきてしまうマイケル。

そして、その罪はアウシュビッツに繋がっているわけです。

獄中のハンナに、マイケルは本を朗読したテープを送り続けるのです。
ハンナはそれを元に、獄中で字を学び、たどたどしい文字でマイケルに短い文書の手紙を書いて送るのです。

戦後のいわゆる「ナチ狩り」を題材に描いた恋愛映画なわけですが、ドイツのホロコーストや、その後のユダヤ人達による過酷なナチ狩りという背景を知らないと理解が難しいのかもしれません。

残念ながら、そういう意味では知識不足だったので、マイケルの行動やハンナが釈放目前に自死した訳などを消化できませんでした。

難しかった・・けど、良作ではありました。

ちょっと残念だったのは、ドイツの話なのに英語だったこと、人物名なども英語発音でした。ホロコーストを題材にした映画なのに、ちょっと残念だったかも・・まあ、仕方ないといえば仕方ないのでしょうが。










監督 スティーヴン・ダルドリー
原作 ベルンハルト・シュリンク
製作 アンソニー・ミンゲラ
脚本 デヴィッド・ヘア
出演 ケイト・ウィンスレット/レイフ・ファインズ/レナ・オリン/ブルーノ・ガンツ

DATE:2009/06/28 TOHOシネマズスカラ座
評価:★★★☆

|

« 「フェイクシティ ある男のルール」 | トップページ | 「MW-ムウ-」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6071/45489374

この記事へのトラックバック一覧です: 「愛を読むひと」:

« 「フェイクシティ ある男のルール」 | トップページ | 「MW-ムウ-」 »