« 「天使と悪魔」 | トップページ | 「スター・トレック (2009)」 »

2009.05.17

「ミッドナイト・ラン」

実は某ネットマガジン(日経ビジネスオンラインですが・・)の某映画関係のコラム(の筈)で取り上げられていた作品の第7段。
この作品は、過去に何度か深夜帯などのTV放映で見ていたが、きちんと最初から最後まで見た記憶が曖昧だったので、コラムをで取り上げられたことを機に改めて借りてみることにしました。

主演はロバート・デ・ニーロ、役ところはシカゴの警官をある事情で追われて、今はロスでバウンティ・ハンター・・・いわゆる賞金稼ぎをしているジャック・ウォルシュ。

そこに仕事の依頼、デュークというマフィアの金を着服し、寄付してしまった男。
一度は横領で逮捕されたが、ジャックの雇い主であるエディから保釈金を借り、保釈されたもののそのまま逃亡してしまった。
理由は、マフィアに命を狙われているから・・・また、FBIもマフィアのセラノを逮捕する為のキーマンになるということで、デュークを追う。

NYにいたところをジャックに拘束され、ロスへ移送するまでの、3つ巴のロードムービーになっている。
キーはデュークが「飛行機恐怖症だ」と言い出したこと(実は、ウソなんですが)・・・仕方なく列車・バス・車などを乗り継いで移送するはめに。

道中、ジャックとデュークの間には奇妙な友情?関係が・・・最後は、デュークを追っていたFBIと取引をしてセラノを罠にかけ、デュークの安全も保証されることに・・・・

途中、ジャックが判れた奥さんと娘のところによるシーンがなんとも言えない・・・

ロバート・デ・ニーロは好演だったが、デューク役のチャールズ・グローディンがなかなか良かった。









監督・製作 マーティン・ブレスト
製作総指揮 ウィリアム・S・ギルモア
脚本 ジョージ・ギャロ
撮影 ドナルド・ソーリン
出演 ロバート・デ・ニーロ/チャールズ・グローディン/ヤフェット・コットー/ジョン・アシュトン

DATE:2009/05/16 DVD
評価:★★★☆

|

« 「天使と悪魔」 | トップページ | 「スター・トレック (2009)」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6071/45040751

この記事へのトラックバック一覧です: 「ミッドナイト・ラン」:

« 「天使と悪魔」 | トップページ | 「スター・トレック (2009)」 »