« 「歓喜の歌」 | トップページ | 「マーリー/世界一おバカな犬が教えてくれたこと」 »

2009.04.12

「バグダット・カフェ」

実は某ネットマガジン(日経ビジネスオンラインですが・・)の某映画関係のコラム(の筈)で取り上げられていた作品で、見ていなかったもの。
おそらく紹介されていなければ自分では選択の範囲に無かったかもしれない。

ラスベガス近郊の砂漠の道端にたたずむさびれたモーテル「バグダッド・カフェ」。
そこに現れた旅行中に夫と解れたドイツ陣女性のジャスミンとモーテルの女主人ブレンダとの奇妙でほのぼのとした友情を描いた作品。

一言で表現するなら「面白い」でも「きれい」でも「深い」でもなく「気持ちのいい」映画。
なぜなにとか頭の中に登場するものの、それはそれで置いといて・・・っと、納得の1本と言っても良い作品でした。










監督 パーシー・アドロン
出演 マリアンネ・ゼーゲブレヒト/ジャック・パランス/CCH・パウンダー

DATE:2009/04/11 DVD
評価:★★★☆

|

« 「歓喜の歌」 | トップページ | 「マーリー/世界一おバカな犬が教えてくれたこと」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6071/44643295

この記事へのトラックバック一覧です: 「バグダット・カフェ」:

« 「歓喜の歌」 | トップページ | 「マーリー/世界一おバカな犬が教えてくれたこと」 »