« 「レイン・フォール/雨の牙」 | トップページ | 「リバー・ランズ・スルー・イット」 »

2009.04.29

「天使のくれた時間」

実は某ネットマガジン(日経ビジネスオンラインですが・・)の某映画関係のコラム(の筈)で取り上げられていた作品で、見ていなかったものの第3段。
これもやっぱり紹介されていなければ自分では選択の範囲に無かったかもしれない。

ニコラス・ケイジ主演のいわゆるクリスマス・キャロル物。

13年前、恋人のケイトの反対を振りきってロンドンへ研修に渡ったジャックは、ケイトとは13年前に別れてそのままになっており、今は独身のままNYの金融界で大成功を収めていた。
クリスマスイブの夜に立ち寄ったコンビニで揉め事に関わったジャックは翌朝目がさめると、どういう訳かケイトと二人の子供に囲まれたマイホームパパになっている自分に気がつく。

いわゆるスクールジ爺さんが遭遇したというクリスマス・イブの奇跡を題材に、大切なものは何かということをジャックを通して描いている作品。

題材はよくありがちな作品なので、先が見えてしまうとこが残念。
空想の世界?の子供たちは空想のままだったのかな。
そして、パリへ旅立とうとしているケイトを空港で捕まえたジャック、その後の2人は・・・ちょっと気になりところではあります。

何にせよ救いのあるエンディングだったことだけは評価。










監督 ブレット・ラトナー
製作 マーク・エイブラハム
製作総指揮 アーミアン・バーンスタイン
脚本 デヴィッド・ダイアモンド
出演 ニコラス・ケイジ/ティア・レオーニ/ドン・チードル/ジェレミー・ピヴェン

DATE:2009/04/29 DVD
評価:★★★

|

« 「レイン・フォール/雨の牙」 | トップページ | 「リバー・ランズ・スルー・イット」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6071/44834377

この記事へのトラックバック一覧です: 「天使のくれた時間」:

« 「レイン・フォール/雨の牙」 | トップページ | 「リバー・ランズ・スルー・イット」 »