« 「相棒シリーズ 鑑識・米沢守の事件簿」 | トップページ | 「歓喜の歌」 »

2009.04.06

「結婚しようよ」

三宅裕司主演で吉田拓郎の楽曲をそこら中にちりばめたファミリードラマ。

お話はよくある家のお話ともいえないことは無い。昔、フォークソングで歌手を目指していた卓(三宅)は、同じ大学のマドンナとの結婚を機にギターを置く。
そして、唯一の家のルールは妻と2人の娘と夕食は一緒に食べるという、ありそうで最近は無いような、ただそれだけの話。

そして、2人の娘はそれぞれの道を歩こうとし、長女は結婚を選択し、次女は仲間とバンドを組み、昔、父親が断念して道へと進もうとする。従って、卓のルールが守れない日が多くなってくる。

はしばしに解っているけど、素直に認めたくない卓・・・・

と、話は比較的解りやすいのですが、そここに効果的にちばめられた拓郎の楽曲・・・はじめは「落陽」に始まって、クライマックスは「結婚しようよ」そしてラストは何度目かの「今日までそして明日から」・・・全20曲ほど使われていました。

不覚にも、同時期にギター引きだった私はぼろぼろ涙をこぼしてしまいました。(劇場にいかなくて良かった)
それくらい、話と楽曲が効果的に挿入されていました。

まあ、酷評する感想なども見かけましたが、それはそれで、確かに話は単純なんですよねぇ・・・
でも、良作ではありました。










監督・脚本 佐々部清
脚本 寺崎かなめ/市倉久央
撮影 長谷川卓也
出演 三宅裕司/真野響子/藤澤恵麻/AYAKO(中ノ森BAND)

DATE:2009/04/05 DVD
評価:★★★★☆

|

« 「相棒シリーズ 鑑識・米沢守の事件簿」 | トップページ | 「歓喜の歌」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6071/44584383

この記事へのトラックバック一覧です: 「結婚しようよ」:

« 「相棒シリーズ 鑑識・米沢守の事件簿」 | トップページ | 「歓喜の歌」 »