« 「ミスト」 | トップページ | 「相棒シリーズ 鑑識・米沢守の事件簿」 »

2009.04.05

「グラン・トリノ」

クリント・イーストウッド監督・主演のヒューマン・ドラマ。
「グラン・トリノ」とはフォードの72年製の車の名前。主人公のウォルトが大切に保有しているヴィンテージカー。










監督・製作・出演 クリント・イーストウッド
脚本・原案 ニック・シェンク
原案 デイブ・ヨハンソン
製作 ロバート・ロレンツ
出演 ビー・バン/アーニー・ハー/クリストファー・カーリー/コリー・ハードリクト

妻を亡くした頑固で偏屈なじいさん、それこそヴィンテージ物の爺さんをクリント・イーストウッドは演じている。


ある時、隣に越してきたベトナムからの移民のモン族一家と関わりができる。
スーとタオの兄弟と、その従兄弟だというチーマのような連中のと関わりを自分の生き方に投影して行くウォルト。

既に血を吐くほどの病に侵されているウォルトは、自らの身の引き方をスー・タオの兄弟を通して、あらためて考えていったのだろう。

Img051

ただ、ウォルトの幕の引き方は、それで良かったのか?という疑問もありつつ、ああいう幕の引き方しか無かったのかもなぁ・・とも。なかなか諸手を挙げて賛成しかねる結末だとは思う。
じゃあ、どうすれば良かったのかと問われると、答えが無いのもまたもどかしい。

本作は生と死と人生の終焉などなど、意味の深いところで回っている作品だと思うが、日本の興業的には厳しいかもしれないなぁ・・・

その後、みているとなかなか好評価を得ているようです。 
 
 
 
DATE:2009/04/03 有楽町朝日ホール(試写会)
評価:★★★★

|

« 「ミスト」 | トップページ | 「相棒シリーズ 鑑識・米沢守の事件簿」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6071/44569334

この記事へのトラックバック一覧です: 「グラン・トリノ」:

« 「ミスト」 | トップページ | 「相棒シリーズ 鑑識・米沢守の事件簿」 »