« 「バグダット・カフェ」 | トップページ | 「デュプリシティ ~スパイは、スパイに嘘をつく~」 »

2009.04.12

「マーリー/世界一おバカな犬が教えてくれたこと」

子育ての予行演習のつもりで、ラブラドール・レトリーバーの子犬を飼い始めた新婚夫妻のジョンとジェニー。マーリーと名付けたその犬のやんちゃな振る舞いに、さんざん手を焼く2人だったが、いつしか喜怒哀楽を共にするかけがえのない存在になっていく。

マーリーはラブラドールなんですけど、犬の性格的には従順な性格のはず。
これをここまでやんちゃにしちゃうのは、犬の性格ばかりではないよなぁ・・・っと思いつつ、なぜか憎めないマーリー君。最初に「バーゲン犬」だったのは、最初からやんちゃだったのかな?

最後はやはり犬の寿命の方が短いというところで、落ち。

撮影にはどのくらいのラブが登場したのかが、ちょっと気になってしまいました。

で、本作には原作があるとのことが判明。
作者は主人公のジョン・グローガン氏。ちょっと読んでみたいと思います。











監督 デイヴィッド・フランケル
原作 ジョン・グローガン
脚本 スコット・フランク/ドン・ルース
出演 オーウェン・ウィルソン/ジェニファー・アニストン/エリック・デイン/アラン・アーキン







# ジョン・グローガン/古草秀子
# 早川書房

DATE:2009/04/11 TOHOシネマズみゆき座
評価:★★★★

|

« 「バグダット・カフェ」 | トップページ | 「デュプリシティ ~スパイは、スパイに嘘をつく~」 »

コメント

世界一愉快な、憎めない優しい マーリーに感激しましたし
、家族愛がある映画だと思いました。 最後マーリーのお別れ時長男の言葉には胸がいっぱいになりました。

投稿: コア☆☆ | 2009.04.12 16:34

コア☆☆ さん
コメントありがとうございます。
マーリー憎めなかったですね。

犬の映画はずるいや・・・

投稿: −B− | 2009.04.14 05:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6071/44643477

この記事へのトラックバック一覧です: 「マーリー/世界一おバカな犬が教えてくれたこと」:

« 「バグダット・カフェ」 | トップページ | 「デュプリシティ ~スパイは、スパイに嘘をつく~」 »