« 「誰も守ってくれない」 | トップページ | 「7つの贈り物」 »

2009.02.22

「チェンジリング」

実話をベースにクリント・イーストウッドが監督し、アンジェリーナ・ジョリー主演で作成された作品。

シングル・マザーで一人息子のウォルターを育てているクリスティン・コリンズ(アンジェリーナ・ジョリー)が、非番の日に急な仕事で呼び出され、ウォルター一人で留守番をすることになった。仕事を終えて帰宅するとウォルターの姿がなく、近所を探した上で警察に届けたところ、子供の行方不明は24時間は探さないと・・・・

そして、翌日も戻らず数週間後に警察から見つかったとの連絡があり、対面したクリスティンは息子ではないと感じ、そのことを主張するが警察は勘違いだと主張を認めず、あげくのはてに精神に異常ありと精神病棟に収容してしまう。

その間に事件は動き、実はカナダからの不法入国の少年を取り調べたところ、従兄弟の男に強要されて複数の子供を拉致・誘拐の上、殺害していたことが判明。その中にウォルターが居たと少年が告白したところから、発見されたウォルターが別人であることが判明し、クリスティンの主張が認められ、その上で公聴会が開催され、警察の不正が白日の元に・・・

アンジェリーナ・ジョリーは2003年の「BEYOND BORDERS〜すべては愛のために〜」に出演したことをきっかけに、恵まれない子供たちへの支援、3人の実子以外に3人の養子を設けたり、ブラピと共同で財団を設立したりUNCHRの親善大使を勤めたりしている。

本作はまさに子供を思う親の愛の映画なのです。
そして、そういう意味でアンジーが主演するに、とても相応しい作品だと思います。

内容についてふれれば、ジョーンズ警部の真実より警察の権威・組織を守る姿勢と、そのジョーンズに逆らって不法入国の少年の言い分を信じ、殺人事件を暴き出したヤバラ刑事がいい味を出していました。
そして、この件が表ざたになっていなければ、クリスティンも精神病棟へ収容されたままだったのではないかと思うと、1930年ころのロスでの話とは言え、そら恐ろしいものを感じました。

最後に、エンドロールで、劇中でウォルターが拉致から逃げ出していたことは判明したのでしたが、クリテスティンは生涯そのウォルターを探していたようです。










監督・製作・音楽 クリント・イーストウッド
製作 ブライアン・グレイザー
脚本 J・マイケル・ストラジンスキー
製作総指揮 ティム・ムーア
出演 アンジェリーナ・ジョリー/ジョン・マルコヴィッチ/ジェフリー・ドノヴァン/コルム・フィオール

DATE:2009/02/21 ワーナーマイカル浦和美園
評価:★★★★

|

« 「誰も守ってくれない」 | トップページ | 「7つの贈り物」 »

コメント

「チェンジリング」と言う映画を恥ずかしいですが知りませんでしたが、ブログをお読みし感動を受けましたし、実話と
言うことで益々見たくなりました。なんでこんなに良い映画をこそっと見に行く人がいることも1930年のロスより
恐ろしいかも?・・・・

投稿: | 2009.02.23 22:05

本日見に行ってきました。あんなに残酷な犯人、あんなに冷酷な警部がいることのショックを受けました。
なにより、犯人に手を貸していたその後の日々・人生を
思うとやりきれない・・・・・

投稿: コア☆☆ | 2009.03.11 18:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6071/44140334

この記事へのトラックバック一覧です: 「チェンジリング」:

« 「誰も守ってくれない」 | トップページ | 「7つの贈り物」 »