« 「感染列島」 | トップページ | 「チェンジリング」 »

2009.02.16

「誰も守ってくれない」

少年犯罪を犯した加害者の家族をメディアスクラムから守るということをテーマにした作品。
本作に先だって、フジ系列TV2hドラマで被害者家族を保護するという「誰も守れない」が放映された。

本作では、ドラマ版からの伏線がちょこちょこ出てきており、見てなくてもよいがTV版を見てからの方が頷けるとこ多数であった。ただ、ドラマ版は既に放映が終了しているので、再放送またはDVD等の発売が無いかぎり見るというのは難しいのが難点かな。(他人の録画の入手は、種々の問題がクリアではないので触れないことにしますが)

いろいろな問題を提起している作品だと思うが、私が一番興味を引かれたのは「犯人」という言葉。
被疑者、容疑者は「犯人」なのか? 裁判で容疑が確定しないかぎり「犯罪者」ではないと思うのだが、「犯人」と「犯罪者」は同義では無いのか?

逮捕状が執行されただけで「犯人」という報道を描いていたが、フジ産経グループが作成した本作は、これから始まる裁判員制度を踏まえて、報道の立場・姿勢はどうしていくつもりなのか非常に興味深いところである。

また、某掲示板などを含めインターネットスクラムとも呼んでも良いような事象にも、どう対応していけば良いのか、インターネットの1ユーザーとしても悩ましいところではあるなぁ・・・っと。










監督・脚本 君塚良一
脚本 鈴木智
音楽 村松崇継
製作 亀山千広
出演 佐藤浩市/志田未来/松田龍平/柳葉敏郎


DATE:2009/02/15 ワーナーマイカル浦和美園
評価:★★★☆

|

« 「感染列島」 | トップページ | 「チェンジリング」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6071/44078532

この記事へのトラックバック一覧です: 「誰も守ってくれない」:

« 「感染列島」 | トップページ | 「チェンジリング」 »