« 「魍魎の匣」 | トップページ | 「クワイエットルームにようこそ」 »

2009.01.11

「プラダを着た悪魔」

メリル・ストリープ、アン・ハサウェイ主演の実際に存在しているファッション紙の編集長をモチーフにした作品だそうです。
大学を卒業して出版関係への就職を目指したアンディ(アン・ハサウェイ)が、まったく興味のなかったファッション紙ランウェイの編集部アシスタントに採用されたのは良いが、そこには悪魔のような編集長ミランダ(メリル・ストリープ)が居た。
翻弄されつつも、いつかは見返してやろうという気になってきたアンディだったが、だんだん仕事と恋人の間で、本来の自分のやりたかったこととは何かに気づいていく。
その成長をみながら、けなしつつも認めていたミランダ。

最後は、自分の進む道に気づきランウェイを辞め、ミラー紙の面接を受けるアンディ。
そしてミラーから問い合わせを受けたミランダの回答「今までやとった中で一番失望した。でも雇わなかったらバカだ。」っと。

個人的にはファッション紙の話はあまり興味なかったんですけど、見てみたらなかなか展開も早く、アンディがファッションに目覚めていくシーンなどのカットはなかなかおもしろく出来ていました。

メリル・ストリープは流石!!の高評価。










監督 デイビッド・フランケル
製作 ウェンディ・フィネルマン
脚本 アライン・ブロッシュ・マッケンナ
原作 ローレン・ワイズバーガー
出演 メリル・ストリープ/アン・ハサウェイ/エミリー・ブラント/スタンリー・トゥッチ/エイドリアン・グレニアー

DATE:2009/01/10 DVD
評価:★★★☆

|

« 「魍魎の匣」 | トップページ | 「クワイエットルームにようこそ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6071/43705762

この記事へのトラックバック一覧です: 「プラダを着た悪魔」:

« 「魍魎の匣」 | トップページ | 「クワイエットルームにようこそ」 »