« 「ダークライト」 | トップページ | 「魍魎の匣」 »

2009.01.02

「ワールド・オブ・ライズ」

レオナルド・デカプリオとラッセル・クロウ主演で、中東を舞台とした対テロ作戦をテーマに、誰が誰をだましているか・・・という駆け引きとその裏側を描いている。

デカプリオは現場のエージェント、ラッセル・クロウは本土から指揮する指示者、で、さまざまな現地の協力者や敵を騙し、騙され・・・
アメリカCIAとテログループ、それにヨルダンの情報局が加わって、誰の嘘が世界を救うのか・・・ということになるのでしょうが、所詮はやっぱりアメリカ製なのだよなぁ・・・っと思ってしまった。

ただ、その裏に流れているものは置いとくとして、最後の嘘には私も騙されてしまいました。










監督・製作 リドリー・スコット
製作 ドナルド・デ・ライン
脚本 ウィリアム・モナハン
製作総指揮 マイケル・コスティガン
出演 レオナルド・ディカプリオ/ラッセル・クロウ/マーク・ストロング/ゴルシフテ・ファラハニ

DATE:2009/01/01 ワーナーマイカル浦和美園
評価:★★★☆

|

« 「ダークライト」 | トップページ | 「魍魎の匣」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6071/43609243

この記事へのトラックバック一覧です: 「ワールド・オブ・ライズ」:

« 「ダークライト」 | トップページ | 「魍魎の匣」 »