« 「28週後...」 | トップページ | 「地球が静止する日」 »

2008.12.08

「1408号室」

オカルトライターのマイクが受け取った1通の手紙。「何があっても決して1408号室に入ってはいけない」。
オカルトライターとしては、泊まらずには居られない。っと、諦めさせようとするホテルの支配人(サミュエル・L・ジャクソン)とのかけひきが・・・

スティーブン・キング原作の映画化です。

どうやら、マイクは元は普通のライターだったのが、娘の死を機に神も幽霊も信じないオカルトライターになったようです。

そして、1408号室はというと、そのマイクに種々の幻影?をマイクに見せます。
最後には水びたしにして溺れさせようと・・・・っと、そこで目を覚ますと病院のベッドの上、実は夢落ちで・・・っと思ったら再び1408号室へ・・・そして、最後は火を持って部屋との決別を・・・・

どうやら、1408号室と支配人はマイクの内在している娘の幻影に呼応したものだったのかも・・・

なかなか見せてくれましたので、好評価。










監督 ミカエル・ハフストローム
原作 スティーヴン・キング
脚本 スコット・アレクサンダー
音楽 ガブリエル・ヤレド
出演 ジョン・キューザック/サミュエル・L・ジャクソン/メアリー・マコーマック/ジャスミン・ジェシカ・アンソニー

DATE:2008/12/06 TOHOシネマズ錦糸町
評価:★★★☆

|

« 「28週後...」 | トップページ | 「地球が静止する日」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6071/43356663

この記事へのトラックバック一覧です: 「1408号室」:

« 「28週後...」 | トップページ | 「地球が静止する日」 »