« 「容疑者Xの献身」 | トップページ | 「ブロークン」 »

2008.10.14

「アイアンマン」

実は本作品を観たかったわけではなく、越谷レイクタウンにイオンシネマがオープンしたので、比較的近場ということもあり、Webサイトで情報を見ていたら、なんとメジャーなシネコン系には珍しく「メンズデー」(毎週月曜)の設定があったので、月曜祭日に行ってみたわけです。

で、本作はスパイダーマンの原作でもお馴染みのマーベルコミックを原作にしたヒーロアクション物で、巨大軍事企業の社長で天才発明家のトニー・スタークが自分の企業が作った兵器によるテロに巻き込まれ、自らパワードスーツを製作して脱出後に兵器製作から撤退、テロ撲滅を決意する・・・ところが、スタークをテロに巻き込む計画を立てたのは、スタークの企業のパートナーだった・・・

と、まあ、本作はおそらく原作のいわば「アイアンマン誕生」とも言うべき部分なのでしょう。エンドロール後には、なぞ「シード」なる組織も登場にいかにも続編がありますよ的な終わり方でしたが、個人的には本作は単体作品で充分に完結していたように思うので、エンドロール後の1シーンはちょっと要らなかったように感じました。
トニーとペッパー(本来はトニーの秘書)の関係もなかなか魅力的に描かれていたように思う。
まあ、及第点ですね。
 










監督 ジョン・ファヴロー
製作 アヴィ・アラッド/ケヴィン・フェイグ
キャラクター造形 スタン・リー
出演 ロバート・ダウニー・Jr./ジェフ・ブリッジス/グウィネス・パルトロー/テレンス・ハワード
 
  
DATE:2008/10/13 イオンシネマ越谷レイクタウン
評価:★★★

|

« 「容疑者Xの献身」 | トップページ | 「ブロークン」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6071/42785484

この記事へのトラックバック一覧です: 「アイアンマン」:

« 「容疑者Xの献身」 | トップページ | 「ブロークン」 »