« 9・23西武ドーム観戦記(3) | トップページ | 「容疑者Xの献身」 »

2008.09.26

「フリーダム・ライターズ」

実話ベースのお話。

1994年、ロドニー・キング事件を機に起きたロス暴動直後のロサンゼルス郊外にある、ロングビーチのウィルソン高校に赴任してきた英語教師エリン(ヒラリー・スワンク)は、問題が多く、基本的な学習能力さえない生徒たちを担当することになる。人種差別をしないという名目で半分強制的に集められたマイノリティの子供たちがほとんど。

ここで、エリンはユダヤのホロコーストとアンネ・フランクを題材に生徒たちの意識改革を行なっていく。

いわば、アメリカ版金八先生のようなお話です。
実話ベースの原作を元にヒラリー・スワンク自身が製作にも関わった作品で、淡々と事実を映像化していて、「伝える」ということ主眼において作られているようです。

欲を言えば、エンディングがアッサリし過ぎていたように思えるので、もうちょっと展開を見せて欲しかったとは思うのですが、これはこれで良かったのかもしれません。










監督・脚本 リチャード・ラグラベネーズ
原作 エリン・グルーウェル
製作総指揮・出演 ヒラリー・スワンク
撮影監督 ジム・デノールト
出演 スコット・グレン/イメルダ・スタウントン/パトリック・デンプシー/エイプリル・ヘルナンデス

DATE:2008/09/25 DVD
評価:★★★☆

|

« 9・23西武ドーム観戦記(3) | トップページ | 「容疑者Xの献身」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6071/42599721

この記事へのトラックバック一覧です: 「フリーダム・ライターズ」:

« 9・23西武ドーム観戦記(3) | トップページ | 「容疑者Xの献身」 »