« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008.04.28

「ヒューマン・トラフィック」

人身売買を扱った社会派の作品。
テレビ東京の深夜枠で放送されていたものを、ちらっと見て興味を引いてしまったので、あえてレンタルして観ました。元々は劇場用ではなく、アメリカのTVムービーだったようです。

なかなかの良作です、が、テーマは重い。
主演は、ミラ・ソルヴィーノ、ロバート・カーライル、ドナルド・サザーランド(キーファーの父親)・・・

国際人身売買組織の壊滅に執念を燃やすICE(アメリカの移民関税局)の捜査官ケイト(ミラ)、言葉巧みに騙され交際を決意した男性とウィーンに旅行へ行き、そのまま組織に売られてしまうプラハでウェートレスとして働く子持ち女性、親に反対されるも、モデルオーディションに参加したキエフの少女、母親が洋服を物色している僅かな隙に娘が拉致される、マニラ観光してたアメリカ人親子、フィリピンの貧しい農村で金のために娘を売る親。

主に4つの視点から物語が進んで行きます。

テーマが重いだけに、見るのはしんどいかもしれませんし、3時間という長編(前後編に分かれてます)が、うまくできているせいかさくっと見られてしまいました。







監督・撮影 クリスチャン・デュゲイ
製作総指揮 ロバート・ハルミ・Sr
脚本 キャロル・ドイル
音楽 ノーマンド・コーベイル
出演 ミラ・ソルヴィーノ/ロバート・カーライル/ドナルド・サザーランド/レミー・ジラール


DATE:2008/04/27 DVD
評価:★★★☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.04.22

「大いなる陰謀」

ロバートレッドフォードが7年ぶりに監督した作品。

邦題からすると、よくありがちな大統領近辺の陰謀うずまくサスペンススリラーという感じかもしれませんが、実はまったく異なります。

テーマは「問題提起」でしょう。
政治家は何を言うか、その発言に責任は持つのか、マスコミの人間はあるときは賞賛するが、ある時点から一転してこき下ろしに回る、その時、賞賛した事実に責任は取っているのか。
さて、軍人は・・・政治家の机上の意図のままに動かされ、前線の兵士は・・などなど・・・

すごく、重いテーマです。
結論もありません・・・

原題は「Lions for Lambs」 羊がライオンを動かしている とでも解釈すれば良いでしょうか?
戦争とは、前線でライオンが戦っているが、それをはるか彼方で動かしているのは羊であるというような意味なのかと・・・・

キャストは豪華です。







監督・製作・出演 ロバート・レッドフォード
製作・脚本 マシュー・マイケル・カーナハン
製作 アンドリュー・ハウプトマン/トレイシー・ファルコ
出演 メリル・ストリープ/トム・クルーズ/アンドリュー・ガーフィールド/デレク・ルーク

MOVIX川口 初見山・・・浦和とか浦和美園とか出来てしまってなかなか行く機会がなかったもんで・・

DATE:2008/04/20 MOVIX川口
評価:★★★

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008.04.21

「インベージョン」

ジャック・フィニィの「盗まれた街」の何度目かのリメイク作品だそうだ。
事前にこのことを知らずに、「ある日街の人々がエイリアンに入れ替わってた・・」という聞いたことのあるような話のビデオのクレジットを参考に借りてみたのだが・・

つまりは「SF/ボディ・スナッチャー」と同じ原作だったのです。

しかしながら、本作では地球外生命体を知性のある微生物(ウィルス・細菌のようなもの)としたところがポイントのような気がする。

エイリアンの侵略や乗っ取りというよりは、ウィルス・細菌のアウトブレイクに主眼をおきつつ、「盗まれた街」の原作に乗っ取って・・・という感じです。
特に、最近ではSARSの事件、鳥インフレンザの脅威などとの関連をあげてボーナストラックには解説がついてます。

まあ、最後の汚染をどう防いだかという点は、原作と異なる点なので、端折っていたような気もしますが、ある意味、見る価値のリメイク作品に仕上がっていたと個人的には思います。

しかし、感染の描き方はもうちょっとなんとか出来なかったのかなぁ・・・っとも思いますねぇ・・







監督 オリバー・ヒルシュビーゲル
製作 ジョエル・シルバー
脚本 デイビッド・カジャニック
撮影 レイナー・クラウスマン
出演 二コール・キッドマン/ダニエル・クレイグ/ジャクソン・ボンド/ジェレミー・ノーサム


DATE:2008/04/20 DVD
評価:★★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.04.19

「ハンティング・パーティ」

Img003_2
ノンフィクションをベースにしたお話だそうです。

主演はリチャード・ギア。

ボスニア紛争でセルビア人の指導者として戦争犯罪人として国際手配中のカラジッチをモデルにして、彼を追っているジャーナリストが体験した話だそうです。

う~ん、よくわからないなぁ・・・
そもそも、個人的に紛争の報道というものに違和感があるんですよねぇ・・・
で、フォックス(作中ではカラジッチのこと)を追うかつては凄腕のレポーターだったサイモン(リチャード・ギア)の追う理由というのが、きわめて個人的なもののような気がするのですよ。

あの事件が彼の恋人に起こっていなかったら、サイモンはあのように執拗に追跡したのかどうか・・・

まあ、全体的に裏に流れるCIAとかUNとか、その他もろもろの関係ってのはありえなくも無さそうな気もしないではないですねぇ・・・










監督・脚本 リチャード・シェパード
製作 マーク・ジョンソン/スコット・クルーフ
撮影 デヴィッド・タッターサル
出演 リチャード・ギア/テレンス・ハワード/ジェシー・アイゼンバーグ/ダイアン・クルーガー

DATE:2008/04/18 よみうりホール(試写会)
評価:★★★

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008.04.10

「幸せのちから」

USでかなり良い評判を取ったと話題になったウィル・スミス親子が主演している実話をベースにしたサクセスストーリー。

ということで、見始めたんですが・・・・

う~~む、いまいち、USではこの手の作品が受けるのでしょうかねぇ・・・
確かに収入がなくなり、給与の出ない企業インターン生活を子連れでこなして、とうとう最後には正式採用にこぎ着ける・・・といえばサクセスなのでしょうが、その後はどうした?のでしょうか。

子供を置いてニューヨークへ働きに出た妻との関係は・・・
収入が無くなることは判っていて、自分のメンツとしか考えられない理由で、子供を引き取るというその行為は正当化されるのでしょうか?
まだ、奥さんに託した方が、その時点では良かったような気もします。

支援団体の協会に並ぶ時に、割り込んだ人をとがめ自分の順位を確定させることと、バス乗り場では自身が割り込んで他人を押しのける行為の矛盾・・・まあ、自己正当化という行為では同じなのかもしれませんが。

どうも納得のいかない筋書きで、面白くありませんでした。
ちょっとがっかり、ダイブがっかり・・・かな。







監督 ガブリエル・ムッチーノ
脚本 スティーヴン・コンラッド
撮影監督 フェドン・パパマイケル
音楽 アンドレア・グエッラ
出演 ウィル・スミス/タンディ・ニュートン/ジェイデン・クリストファー・サイア・スミス/ブライアン・ホウ

DATE:2008/04/08 DVD
評価:★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.04.06

「クローバーフィールド/HAKAISHA」

マンハッタンが突如謎の生物に襲われる。
住民は脱出し、軍が謎の生物を攻撃する。

とまあ、いわゆる日本の怪獣映画のような作品で、話を聞くと「ゴジラ」をモチーフにしたらしいです。

で、映像的にはホームビデオで住民がたまたま記録していたという設定なので、手持ちカメラでブレが多く、それ風に仕上がっています。しかも、テープを使いまわしているという設定で、最初はわからなかったんですが、主人公のロブと恋人の映像が残っていて、それなりの効果をあげています。

ストーリー的には、救いの無い話になっていますが、それなりにリアリティ感をかもし出しています。

最初に自由の女神の頭部が落ちてくるんですが、確か頭部には人が入れる展望台があったはず(現在は閉鎖されているそうですが)、なんか大きさが違うなぁ・・・・妙に小さいなっと思ってしまいました。






監督 マット・リーヴス
製作 J・J・エイブラムス
脚本 ドリュー・ゴダード
撮影監督 マイケル・ボンヴィレイン
出演 リジー・キャプラン/ジェシカ・ルーカス/T・J・ミラー/マイケル・スタール=デヴィッド

DATE:2008/04/05 TOHOシネマズ錦糸町
評価:★★★

| | コメント (1) | トラックバック (0)

「ヒットマン」

Img004_2
人気のゲームをベースにしたアクション映画だそうです。
なんせ、ゲームというものをほとんどしないので、解りません。

子供のころから「組織」に殺し屋として仕込まれた「エージェント47」(氏名は不明です)が、ロシアでの政治家暗殺のミッションで罠にはめられ、いわゆる警察関係(インターポール)と組織の両方から追われる立場になる。
その途上で、どうやらキーになりそうな高級娼婦のニカに出会い、保護しながら組織と対決していく。

まあ、バックボーンとか組織とか罠とかの全容が??なのですが、とりあえずドンパチのアクションシーンだけを楽しむなら良いのかなぁ・・・っと

それから、組織から送り込まれてきている?他のエージョントが意外とすぐやられちゃうのですようねえ・・・
あれはあれで良かったんでしょうか?










監督 ザヴィエ・ジャン
製作 チャールズ・ゴードン/エイドリアン・アスカーリ/ピエランジュ・ル・ポギャム
出演 ティモシー・オリファント/ダグレイ・スコット/オルガ・キュリレンコ/ロバート・ネッパー

DATE:2008/04/03 新宿厚生年金会館(試写会)
評価:★★☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ファンタスティック4 銀河の危機」

マーベルコミックで有名な「ファンタスティック4」の第2弾です。

お話は、地球外から来た人型のエイリアン「サーファ」が、地球を滅ぼすエネルギー体の手先として、地球い飛来。
各地で異常な現象を引き起こすおころから。ファンタスティック4チームの出番に。

でも、なんだか地球を救ったのは「サーファ」だったような。
話もあまり面白くなかったですね。

そうそう、初番の異常現象の部分に日本の駿河湾で漁をしている漁船という設定の部分が出てくるんですけど、その船はおもいっきりアメリカ仕様で、とても日本の漁船の絵には見えないです。







監督 ティム・ストーリー
製作総指揮 スタン・リー/ケヴィン・フィージ/クリス・コロンバス
出演 ヨアン・グリフィズ/クリス・エヴァンス/ジェシカ・アルバ/マイケル・チクリス


DATE:2008/04/04 DVD
評価:★★☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »