« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008.03.23

「ザ・フィースト」

いわゆるB級のモンスター・パニックホラー  です。

まあ、この手の作品には手を出さないのですが、「全国の映画ファンが選ぶ・・・マイ・ベストムービー」などというのに参加・投票したら招待券が当たってしまったので、それならば・・と出かけてきました。

まあ、内容はよくありがちなモンスター・パニックで雪山の山小屋状態の砂漠のバーが正体不明のモンスターに襲われて、お客とスタッフがサバイバルゲームを繰り広げるというお話。

で、なぜ襲われたかとかモンスターの正体とかもろもろそういうものは一切ありません・・ちょっと匂わせますが実のところは??なまま。
Img002_2

で、よくありがちな一人がリーダー&ヒーローになってみんなを引っ張って行く・・・という状況がこの作品にはありません。
この人がリーダーかな?っと思うと次には襲われて脱落、つぎはこの人?、その次は・・・っと、まあこの作品の変わったところはそこなのかなぁ・・・・っと。
それと、子供は比較的助かったりするんじゃないのかなぁ・・・っと、思ったら最初に襲撃をかわしたとたん、2次攻撃であえなく脱落。

まあ、この手の作品が好きな方には良いのかも。


上映はシアターN渋谷というミニシアターでした。
当然、初見山。










製作総指揮 マット・デイモン/ベン・アフレック
監督 ジョン・ギャラガー
脚本 パトリック・メルトン
出演 バルサザール・ゲティ/ヘンリー・ロリンズ/ナヴィ・ラワット/ジェイソン・ミューズ

DATE:2008/03/23 シアターN渋谷
評価:★☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.09

「トランスフォーマー」

日本発の超合金変身玩具がアメリカで大ヒットしたところから、企画・作成された作品。

う~~ん、なんというか、それなりに特撮とかCGなどにはお金かかってるなぁ・・という感じ。
内容は特に触れる必要も無いような、ありふれたご都合主義のSF作品。

まあ、F22などの最新鋭戦闘機などが出てくるところはさすがにUS作品だなぁ・・・っと。

はっきり言ってDVDで良かったなっと。劇場で見ていたら-1ポイントってところ。







監督 マイケル・ベイ
製作総指揮 スティーブン・スピルバーグ
脚本 ロバート・オーチー
製作 ドン・マーフィ
出演 シャイア・ラブーフ/タイリース・ギブソン/ジョシュ・デュアメル/アンソニー・アンダーソン


DATE:2008/03/08 DVD
評価:★★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.08

「ホリデイ」

キャメロン・ディアス、ケイト・ウィンスレット、ジュード・ロウ、ジャック・ブラックの4人が主演のラブ・コメディ。
ロスとロンドン郊外で失恋したアマンダ(キャメロン・ディアス)とアイリス(ケイト・ウィンスレット)がホーム・エクスチェンジという家を交換することで、通常の生活と異なった環境で休暇をすごして心を癒そうと試みる。

と、異なった環境でアマンダはアイリスの兄グラハムと知り合い、アイリスはアイリスでアマンダの仕事仲間で同じような男女の悩みをもつマイルズと知り合う。
で、アマンダパートとアイリスパートでそれぞれ物語りが進んでいくという流れなのです。

まあ、良作です。

なんとなくアイリスパートが弱くようなきもするんですけど、それはそれでなかなか良い。
しいて言えば、で、この後どうするの?っと思わせるんですけど、それはご想像にお任せします・・的なエンディングなんでしょうね。







監督・脚本・製作 ナンシー・メイヤーズ
製作 ブルース・A・ブロック
撮影 ディーン・カンディ
音楽 ハンス・ジマー
出演 キャメロン・ディアス/ケイト・ウィンスレット/ジュード・ロウ/ジャック・ブラック


DATE:2008/03/08 DVD
評価:★★★☆


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.02

「ライラの冒険 黄金の羅針盤」

世界でベストセラーになっているファンタジー小説「ライラの冒険」シリーズの映画化。
原作は3部作になっているようで、本作も2部作になっているようで、当然、続編が作られるそうです。

ということで、原作物の映像化作品にはありがちですが、原作を読んでいないと細かい部分の説明が短い時間では難しいということで、各キャラクター設定の背景がなかなか伝わってきません。

ということで、原作を読むべく図書館に貸出し予約を入れてしまいました。(貸出し中で、けっこう待ち人数も多かった・・・)

とりあえず本作の印象ですが、主演のダコタ・ブルー・リチャーズは・・・・子供に見えないんですよねぇ・・・これが狙いなんでしょうか?
で、動物の部分は実写もあるのかなぁ・・・?? まあ、多くはCG合成かと・・・この出来は良いですねぇ・・

まあ、とりあえずけっこう楽しめました。






監督・脚本 クリス・ワイツ
原作 フィリップ・プルマン
製作 デボラ・フォート
撮影 ヘンリー・ブラハム
出演 ダコタ・ブルー・リチャーズ/ニコール・キッドマン/サム・エリオット/ダニエル・クレイグ

DATE:2008/03/01 ワーナーマイカル浦和美園
評価:★★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »