« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007.11.23

「UDON」

ユースケ・サンタマリア主演のハートフルコメディです。

個人的に、俳優のユースケは結構好きなんですよ。バラエティのは好きじゃ無いんだけど。

で、アメリカン・ドリームを夢見てスタンダップコメディアンを目指してアメリカ修行していたうどん屋の息子が、夢破れて地元さぬきへ戻って来たときに、売れてないタウン誌の企画としてさぬきウドンの特集を企画し、うどんブームを起こして行く・・・っと、その影で父親が営んでいる製麺店で父親が病死してしまい、店の行く先は・・・

っと、まあ、前半と後半で別のストーリーが組まれているわけで、その中に小西真奈美扮するところの恭子とのラブロマンスがあるのか無いのか・・・・???!!!

前半のウドンブームがもう少し展開するのかと思いきや、あっという間にさらっと流され、騒動に巻き込まれたお店もあったろうに、どうなったことやら・・・・で、後半はおきまりの展開で、後を継ぐの継がないのか・・・・っと、ここももう一押しが・・・

ということで、全体的に中途半端な印象はぬぐえなかったけど、こにたんがなかなか良かったので、おまけの加点。

B000LW7L40UDON スタンダード・エディション
ユースケ・サンタマリア 小西真奈美 トータス松本
ポニーキャニオン 2007-03-07

by G-Tools


DATE:2007/11/23 DVD
評価:★★★☆

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.11.16

「エクスクロス~魔境伝説~」

2002年の第1回「このミス大賞」の隠し玉賞を取った作品の映画化だそうだ。
原作は、最近の若者?にありがちなケータイホリックをメインの主眼において、携帯だけで情報のやり取りやコミュニケーションを計っていって、事件が展開していくようなものらしい。

が、本作は、やっぱり味付けがちと違うようで・・・

あらすじは、彼氏と別れた傷心旅行へ友人とひなびた温泉「阿鹿里温泉」に来た「しより」と「愛子」・・・・
しよりは押入れの中から見つけたケータイにかかってきた電話から「逃げろ、逃げないと足を切られる」と言われ、村の秘密を知る。だが、愛子との連絡が取れない。しよりは、ケータイの声に導かれ、脱出を試みる。

っと、まあ、後は脱出・逃亡・アクションなどと繋がっていくわけですが、そこになぜか愛子にカレシを奪われたと逆恨みをしている「レイカ」というなぞの女が登場。
小沢真珠が演じているんですが、はっきり言ってスーパーボスキャラ的存在です。
なんせ、塩酸で焼かれても、火をつけられても、真っ黒焦げ状態で、復活してきちゃうんですから!!

で、押入れで見つけた携帯の声の主は、うん、どっかで聞いたことのある良い声の持ち主だ・・・・あっ、ジャック・バウワーじゃん!!・・・・そうです、声の出演はジャックなのでした。(実際にその役で出ているのは・・・見てのお楽しみですが)

なんせ、監督が深作健太・・そう、あのバトルロワイヤル2の・・・です。
なので、どこかテイストがそれ風にも感じられ・・・

どこがミステリー? ホラー?アクション? コメディか?? ってな感じで、まあまあだったかな。






  これは原作







監督 深作健太
原作 上甲宣之
脚本 大石哲也
主題歌 Aly&AJ
出演 松下奈緒/鈴木亜美/中川翔子/小沢真珠

Date:2007/11/14 渋谷TOEI2(試写会)
評価:★★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.11.13

「ナンバー23」

ジム・キャリー主演のサスペンス・ミステリー。

個人的には、ジム・キャリーというのはコメディ色が強い印象で(マスクとかの印象)、あまり好きでは無い俳優なのですが・・・・

お話は、
ウォルター(ジム・キャリー)が手にした一冊の古本。その物語は、「23」という数字に拘った背筋のぞっとするような殺人ミステリー。で、その内容が、自分の生い立ちに酷似した内容だと・・・・

「23」というのは西洋では確かに13ととも凶兆をあらわす意味もある数字のようです・・が、こちとら日本人のあたしには、皆目チンプンカンプン、足したり引いたり4で割ったりなんでも23にこじつけようとしか思えない・・・(なんで「4」が出てくるの?)前・中半・・・後半になってやっと動いていって、結末は「おおっ、そうだったのかぁ」っと言ってもいいのだけど、あまりにも前半・中半がダレ過ぎました。

冷静に考えてみれば、落ちも最近よくあるパターンではありますねぇ・・・

ということで、おまけしても★2.5ってとこかな。










監督 ジョエル・シューマッカー
脚本 ファーンリー・フィリップス
撮影 マシュー・リバティーク
音楽 ハリー・グレッグソン=ウィリアムズ
出演 ジム・キャリー/ヴァージニア・マドセン/ローガン・ラーマン/ダニー・ヒューストン

Date:2007/11/12 新宿厚生年金会館(試写会)
評価:★★☆

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007.11.11

「トゥモロー・ワールド」

珍しいイギリスの近未来SFアクションもの。こういうのはアメリカものが多いような気がしていたんだけど。

あらすじは・・・
西暦2027年。原因不明により人類には18年間、子供が誕生していない。世界各地では暴動が横行し、人々は絶望の中にいた。息子を失い、社会への関心も失せている男、セオ。ある日彼は、かつての恋人ジュリアン率いる移民による抵抗組織に拉致され、移民の妊娠している少女キーの護送の手引きを強要される。イギリス陸軍と抵抗組織の激しい攻防の中、セオは決死の逃避行を決意する。
と、こんなとこなんですが、背景があまり描かれていないので、よく解りません。
とりあえず、妊娠しているキーを、テロ組織と軍の抗争の中、ヒューマンプロジェクトなる組織に引き渡そうと、逃亡をしていくわけなんですが、なんせ説明が無い。

どうやら原作ものなので、原作を読まないと理解できないのかもしれません。

映像作品としては、ちょっとがっかりでした。

B000KIX9BOトゥモロー・ワールド プレミアム・エディション
クライヴ・オーウェン ジュリアン・ムーア マイケル・ケイン
ポニーキャニオン 2007-03-21

by G-Tools

DATE:2007/11/10 DVD
評価:★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »