« 8・17グッドウィルドーム観戦記(7) | トップページ | 8・25グッドウィルドーム観戦記(8) »

2007.08.25

「ウィッカーマン」

ニコラス・ケイジ主演のカルトホラーです。

1973年にイギリスで製作された同名作品のリメイクで、当然、舞台はアメリカの孤島という設定に変わっているようです。

白バイ警官のメイラス(ニコラス・ケイジ)の元に、8年前に突然失踪した婚約者ウィローから手紙が届く。そこには、故郷の島“サマーズアイル”に戻りそこで産んだ娘ローワンが突然行方不明になってしまったので助けてほしいと書かれていた。

で、個人の私有地だという、外界から完全に孤立したサマーズアイル島へ単身乗り込むメイラスなわけです。

そこには、領主のシスター・サマーズアイルを頂点とした、さまざまな奇習が・・・・・・
で、豊作祈願の儀式の中、失踪した娘ローワンを見つけ救出に成功するかに見えたのですが・・・

まあ、あとは見てのお楽しみなのですが、欲を言えばもうちょっと・・・救いがあっても良かったのかなぁ・・・とも思いつつ、意味深(見えみえともいいますが)なエンディングに思いを寄せるのでした。






監督・脚本 ニール・ラビュート
製作総指揮 ダニー・ディムボート/ジョージ・ファーラ
音楽 アンジェロ・バダラメンティ
製作・出演 ニコラス・ケイジ
出演 エレン・バースティン/ケイト・ビーハン/フランセス・コンロイ

DATE:2007/08/23 科学技術館サイエンスホール(試写会)
評価:★★★

|

« 8・17グッドウィルドーム観戦記(7) | トップページ | 8・25グッドウィルドーム観戦記(8) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ウィッカーマン」:

« 8・17グッドウィルドーム観戦記(7) | トップページ | 8・25グッドウィルドーム観戦記(8) »