« 「バベル」 | トップページ | 「フラガール」 »

2007.05.12

「スパイダーマン3」

あんのスパイダーマンシリーズの第3作目です。

う~~ん、基本的に私は主役の2人トビー・マグワイアとキルスティン・ダンストがあまり好きじゃないのです。
特にキルスティン・ダンストハ美人にも可愛くも見えないのですよねぇ・・・まあ、好みの問題ですが。

さて、本作ですが、親友ハリーが父親の仇と思い込みピーターに襲い掛かってくる・・・と、思いきや新人カメラマンのエディには逆恨みされ、例のブラックスーツの原因になった生命体に取り付かれたことを、これ幸いとモンスターになってピーターへ襲いかかり、叔父さんを死なせた真の犯人だったマルコは謎の実験に巻き込まれ、サンドモンスターになり、これもピーターを逆恨みして襲いかかり・・・・と、まあ、てんこ盛りなわけです。

ピーターとMJのごたごたもあるし、ピーターとハリーの誤解も最後には解け、しかし、ハリーはモンスターのエディに殺されてしまうのですが・・・なんとなくてんこ盛りだけに細部が欠けているような気もして、ああ、やっぱりアメコミ原作のご都合主義エンタテイメントなんだなぁ・・・・っと。

しかしながら、ピーターの叔父さんと叔母さんのメルが、一番出来た人たちなのだなぁ・・・っと、しみじみ感心してしまいました。








監督 サム・ライミ
製作 ローラ・ジスキン
撮影 ビル・ポープ
音楽 クリストファー・ヤング
出演 トビー・マグワイア/キルスティン・ダンスト/ジェームズ・フランコ/トーマス・ヘイデン・チャーチ/J・K・シモンズ

DATE:2007/5/12 TOHOシネマズ 錦糸町
評価:★★★

|

« 「バベル」 | トップページ | 「フラガール」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「スパイダーマン3」:

« 「バベル」 | トップページ | 「フラガール」 »