« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007.03.24

3・24グッドウィルドーム観戦記(1)

2007年シーズン、パ・リーグ開幕戦、そして当然今期初観戦です!!
対楽天イーグルスの1回戦です。

球場は、昨年のインボイスSEIBUドームからネーミングライツの契約変更によりグッドウィルドームとなりましたが、当然場所は一緒です。

我がライオンズ・・開幕前にドラフト絡みの金銭問題でごたごたしております。
まだ、諸般の決着は付いておりません、が、それはそれでおいといて、公式戦は頑張って貰いたいので、ファンとしては諸手で応援して行きたいと思っております。

さて、戦力的には松坂が抜け、投手陣にやや不安材料の残るライオンズですが、オープン戦はなかなか好調だったようなので、この調子を維持して公式戦に突入していただきたいところ。

天気予報では、曇りがちながら気温は高めという予報だったのですが、ウソばっかり・・・寒いさむい・・・・ドーム内もけっこう寒かったです。

先発は西口vs岩隈。
岩隈も昨年は怪我に泣かされていたので、勝たせてあげたい気持ちもちょっとはありますが、まあ、それは他のチームから星をあげていただくということで・・・西口も立ち上がりさえしのげば・・・

序盤は両チームとも投手が良い仕上がりなのか、なかなかヒットがでずに0行進。
やっと4回、2死からベンちゃんが四球で出塁すると、某所でキーマンと噂されてたリーファが2点HR!!で先制!!だぁ。おまけに次のG.GまでソロHR!! 4回で3-0とリード。
それまで、投手戦という好ゲームながらも寒さで震えていた体もちょこっとヒートアップ。
よしよし西口後はきっちりたのんだぞ・・などと、思っていたのもつかのま、5回は無難に押さえた後の6回にいきなりソロHR・・・あららら・・・2死後、またまたソロHRであっという間に1点差。

3-2と1点差になったその裏に、今度はべんちゃんがソロHRで1点取り返してくれて4-2で、西口は6回で降板。7回は変則モーションの横手トルネード岩崎初見山。たしかに面白いですが、なんとか押さえたという感じ。
今のままでは長いイニングはちょっと・・??ってという感想でした。
8回三井、9回小野寺の継投で0点に押さえ、一方攻撃陣も1点追加して、無事5-2で勝利したゲームでした。

ちなみにカブさまはなにも出ず・・・調子上がってないのかなぁ・・・・ちと不安です。

ライオンズvsイーグルス 5-2 ○

観戦成績 1-0 さて今年は何回観戦に行けるかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.03.09

「ドリームガールズ」

今年のアカデミー賞で助演女優賞を受賞した作品です。

元々はダイアナ・ロスとシュープリームスをモデルにしたブロードウェイミュージカルだそうで、ビヨンセが是非にと出演した作品だそうです。

ソウルとモータウンミュージックをテーマにしているだけに、出演の役者さんは黒人系の方多数・・・
ジェイミー・フォックス、エディ・マーフィ、もちビヨンセも そしてダニー・グローヴァー・・・・ああ、リーサル・ウェポンが・・・

ただし、ストーリーはベタです・・・というか盛り上がりに欠けて、いまいち。
なんといっても、私は個人的にミュージカルはあまり良い印象は無いんですよ。

しかし、アカデミー賞を受賞したジェニファー・ハドソンは、さすがアメリカン・アイドル(日本のスター誕生みたいなアメリカのTV番組)で、決勝まで勝ち残っただけあります。本作が初映画出演という新人ながらもどうどうとした演技とビヨンセにも負けない歌唱力。まあ、菊地凛子が受賞できなくても・・(と、言ってもまだバベルは見てないわけですが)主演はジェイミー・フォックスとビヨンセになるのでしょうが、前半はエフィことジェニファーが主演と言っても過言ではない話の展開。後半はディーナことビヨンセ中心に展開していくわけですが、最後にまたエフィが登場。

まあ、話の筋はおいといて、歌と踊りのショーを見に行くのだ・・・っと、思えれば、好作品かもしれません。






監督・脚本 ビル・コンドン
製作 ローレンス・マーク
製作総指揮 パトリシア・ウイッチャー
音楽 ヘンリー・クリーガー
出演 ジェイミー・フォックス/ビヨンセ・ノウルズ/エディ・マーフィ/ジェニファー・ハドソン

DATE:2007/3/9 TOHOシネマズ 錦糸町
評価:★★★

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007.03.01

「サイレン」

PS2のゲームソフトがベースのJホラー。

嵐の晩に、たった一人を残して島民が一斉に失踪した夜美島。
「サイレンが鳴ったら外に出てはならない」
それから29年後、父・真一と娘の由貴、息子の英夫の3人家族が転地療養のために島を訪れる。

ゲームソフト原作だということで、ちょっと興味を持って借りてみました。
市川由衣なかなか好演でした。森本レオも好きな俳優さんなのですが、役者としてのココリコ田中をけっこう買ってます。

しかし、本作、途中まではなかなか良い感じで展開していたんですが、他所の評価通り、オチがなあ・・・・
サイレンとは何か? 29年前1人もいなくなったはずの島民がなぜあんなに居るの?とか、まあ突っ込みところはいろいろあるわけですが、なんといっても最後のオチが・・・
最後でかなり減点したい気分なので辛口評価。

B000G03SASサイレン スタンダード・エディション
市川由衣 堤幸彦 田中直樹
東宝 2006-09-22

by G-Tools


Date:2007/3/1 DVD
評価:★★☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »