« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007.01.24

「それでもボクはやってない」

周防正行監督11年ぶりの作品です。

本作は、フィクションではありません・・・きっと・・・97%くらい。(劇中に出てくる否認裁判での有罪率くらい・・)

痴漢冤罪で起訴されたフリーター青年が、否認のまま1審の裁判を闘うというプロセスを描いたものです。
当然、青年君が「痴漢」とよばれ私人による現行犯逮捕→駅事務室→所轄警察署・取調べ・・・となるわけですが。
おそらく、否認のまま、逮捕・起訴と進む容疑を掛けられた方たちは、ほぼ作品と同様な待遇を受けているのでしょう。

ちょうど、本作の公開始まると同時に、冤罪事件の発覚がニュースとして流れました。
真犯人が別件で逮捕された時に、実は・・と余罪として罪を認めた事案です。
しかも、裁判では別人に2年数ヶ月の実刑が確定し、刑期まで終えているという事案でした。

裁判員制度が始まるわけですが、このような軽微な事案には裁判員制度は適用されません。
1. 人を殺した場合(殺人)
2. 強盗が,人にけがをさせ,あるいは,死亡させてしまった場合(強盗致死傷)
3. 人にけがをさせ,死亡させてしまった場合(傷害致死)
4. 泥酔した状態で,自動車を運転して人をひき,死亡させてしまった場合(危険運転致死)
5. 人の住む家に放火した場合(現住建造物等放火)
6. 身の代金を取る目的で,人を誘拐した場合(身の代金目的誘拐)
7. 子供に食事を与えず,放置したため死亡してしまった場合(保護責任者遺棄致死)
http://www.saibanin.courts.go.jp/
上のような比較的重い事案に、一般人の判断が取り入れられるのです。
でも、痴漢冤罪事案というのは、とても身近なので、こういう事案にも参加して見たい気持ちはあるかも・・・

いずれにせよ、本作は一見に値すると思います。

B000QJLROIそれでもボクはやってない スタンダード・エディション
加瀬亮 周防正行 瀬戸朝香
東宝 2007-08-10

by G-Tools

DATE:2007/1/23 TOHOシネマズ 錦糸町
評価:★★★★☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.01.20

「スタンド・アップ」

シャーリーズ・セロン主演。

夫のDVから逃れるため、2人の子供を連れ、故郷の実家に戻ったジョージー(シャーリーズ・セロン)。生活の糧を得るべく、彼女は、あえて高い収入を得られる鉱山労働の仕事に就く。しかし男性社会として根付く鉱山では、女性労働者に対する敵意・侮辱・脅迫・陵辱など、セクシャル・ハラスメント(性的嫌がらせ)が横行していた。
その鉱山では、実の父親も働いており、決して賛成はしていなかったし、子供の出生に絡んで親子の確執も・・・

ジョージーは同僚の女性達にも支持されずに(というか、同僚の女性たちは会社を驚異に思っていたため)訴訟を決心する。全米初のセクシャル・ハラスメント訴訟に勝利した一人の女性労働者の、実話に基づく法廷ドラマ。

いや、以前から興味を引いていたんですが、地味なタイトルだけになかなか手が出なかったのです。
シャーリーズ・セロンは「イーオン・・」なんかよりはるかに良いです。
ジョージーの友人で鉱山で働くことを紹介してくれることになり、最後でジョージーを支持してくれることになるグローリーを演じたフランシス・マクドーマンドが好演でした。最後はALSかなんかで意識以外の運動能力を失ってしまう役なんですが、よくかったです。

エリン・ブロコビッチとかに通づるところがあるかも。

B000F1IP38スタンドアップ 特別版
シャーリーズ・セロン ニキ・カーロ フランシス・マクドーマンド
ワーナー・ホーム・ビデオ 2006-06-02

by G-Tools

Date:2007/1/19 DVD
評価:★★★★

| | コメント (4) | トラックバック (0)

「ナイト・ウォッチ」

ロシアのSF特撮映画。

なんとなくMATRIXを感じさせるとちまたの評判。

光りの種族と闇の種族が対立し、そkに「異種」と呼ばれる能力者が・・・「異種」はそれぞれ自分の判断で光りか闇かに属するかを決めなればならない・・・

う~~ん、3部作の1作目ということで、導入説明が多く、ちょっと話しの展開が見えなかった。
頭の中に「?」いっぱい・・・・続編は見るかなぁ・・・

B000KQFBT4ナイト・ウォッチ NOCHNOI DOZOR
コンスタンチン・ハベンスキー ティムール・ベクマンベトフ ウラジミール・メニショフ
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2007-01-26

by G-Tools


Date:2007/1/18 DVD
評価:★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.01.03

「M:i-3」

トム・クルーズ主演のミッション・イッポシブルシリーズの第3作。
前線を離れ教官としてIMFで活動するイーサン。教え子で高い評価をする新人スパイ、リンジーがミスを侵し、捕らわれの身であることを知る。上司から救助のため前線復帰を求められ、1度きりの復帰を決意。ルーサー他、新たなメンバー2人とチームを組み、リンジーを救出するためのミッションを開始するのだが救出したものの体内に埋め込まれた時限装置により、リンジーは死亡。そのリンジーから内部告発をするメッセージが・・・

で、その告発を元に新たなミッションを開するものの、敵に拉致された上に内部に時限装置を仕込まれ、恋人まで人質にされる・・・さて、ミッションの行方は・・・

まあ、話の展開としては、けっこう楽しめるのだが、イーサンが一般人の恋人のために・・・というのが腑にに落ちないところ。確かに筋の中に「その結婚は無理だ」というようなルーサーとの会話も出てくるのだけど、全体的に話の根底に「恋人の拉致」があるというのが、いささか納得いかないところ。

まあ、楽しめたのでおまけで2.5という辛口評価。

B000ILZ3UIM:i-3 ミッション:インポッシブル3 スペシャル・コレクターズ・エディション
トム・クルーズ J.J.エイブラムス ミシェル・モナハン
パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン 2006-11-17

by G-Tools


Date:2007/1/1 DVD
評価:★★☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »