« 「アンダーワールド2:エボリューション」 | トップページ | 「インサイド・マン」 »

2006.12.22

「ラッキーナンバー7」

ジョシュ・ハートネット、モーガン・フリーマン、ベン・キングズレー、ルーシー・リュー、スタンリー・トゥッチ、ブルース・ウィリス・・・と、そうそうたる面々がキャスティングされたクライム・サスペンスだそうです・・・・

ぶっちゃけた話、もすご~~くついていない男が、友人を頼ってNYに出てきたら、その部屋の住人に間違われて、2組のマフィアに拉致され、途方もない要求をされてしまい、しまいには殺人事件も・・・
なんてな、触れ込みです。


しかし、その実態は・・・・・あああああ、我が同行者はすぐに解ったと述べておりましたが、わたくしめは中盤まで気づきませんでし・・・・とさ。

序盤は、最近よくある編集で、いろいろな場面がモザイクのように構成され、頭の中で構築していかなければならないので、いささかダレぎみだったのですが、中盤からは一気に話が収束して行きます。
まあ、ブルース・ウィリスは「16ブロック」に続いて、なかなか渋く好演。
ルーシー・リューも久々の可愛い役周りで良い。

まあ、いささかエンディングに「うん?」っと肩透かしもあるが、まあ、ご愛嬌。

B000MGBS44ラッキーナンバー7 DTSコレクターズ・エディション(2枚組)
ジョシュ・ハートネット ポール・マクギガン ブルース・ウィリス
ハピネット・ピクチャーズ 2007-06-22

by G-Tools

DATE:2006/12/21 九段会館(試写会)
評価:★★★☆

|

« 「アンダーワールド2:エボリューション」 | トップページ | 「インサイド・マン」 »

コメント

新年明けましておめでとうございます。
今年も楽しみにしています。がんばってください。

投稿: AJ | 2007.01.02 01:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ラッキーナンバー7」:

« 「アンダーワールド2:エボリューション」 | トップページ | 「インサイド・マン」 »