« 「ラッキーナンバー7」 | トップページ | 「M:i:III」 »

2006.12.29

「インサイド・マン」

ダルトン・ラッセル(クライブ・オーウェン)率いる4人の銀行強盗グループが、白昼のマンハッタン信託銀行を急襲、従業員と客を人質に取り立てこもる。事件発生の連絡を受け、NY市警のフレイジャー(デンゼル・ワシントン)とミッチェルが現場へ急行。
犯人側との交渉が始まる・・・・・・・・

で、ダルトン曰く「完璧な計画」の真実は・・・??
人質全員に犯人と同じ服装をさせて・・・とか、銀行の狙った本当の目的は??(現金は盗んでいない)・・・
そして、あの「カルティエ」なるダイヤは・・・どうやら、ナチ絡みの戦争時の盗難品のようであるのだけれど、詳細不明・・・・・・・・??????

ということで、私的には展開も遅いし、盛り上がりもいまいちな消化不良の作品でした。

Img2006_033 監督:スパイク・リー
製作総指揮:ダニエル・M・ローゼンバーグ ジョン・キリク カレン・ケーラ・シャーウッド キム・ロス
製作:ブライアン・グレイザー
撮影:マシュー・リバティック
音楽:テレンス・ブランチャード
キャスト:デンゼル・ワシントン、クライブ・オーウェン、ジョディ・フォスター、クリストファー・プラマー、ウィレム・デフォー、キウェテル・イジョフォー

Date:2006/12/28 DVD
評価:★★

 

|

« 「ラッキーナンバー7」 | トップページ | 「M:i:III」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「インサイド・マン」:

« 「ラッキーナンバー7」 | トップページ | 「M:i:III」 »