« 「ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT」 | トップページ | 「ファイヤーウォール」 »

2006.08.25

「X-MEN ファイナル ディシジョン」

おなじみアメコミ・マーヴェルコミック原作X-MENシリーズの第3作。一応、最終章・ファイナルディシジョンということになっていて、続編はもうナシよ・・・ということ・・らしいのですが・・・??

さて、本作は非ミユータントである政府側が、ヒューマノイド遺伝子を無効力化する抗体「キュア」を開発したとして、例によってマグニートーが反政府運動家としてしゃしゃりでてくるわけですが・・

ここで、X-MENチームの立場が??です。

前作でジーンが死んでしまったと思って精神的に不安定だったスコットは、何の役もなく、あっという間に復活したジーン(フェニックス)に殺されてしまう。エクゼビアもフェニックスからジーンを呼び戻そうとた対決し、命を失うことに・・・??

そして、キュアの開発拠点であるアズカトロスでの対決・・・・
まあ、アクションは面白く、展開も早く、判り易い創りではありました。
しかし、なんか飛ばしているところがあるような気がしてしまって・・・・

最後のエンドロールの後に1カット・・・チャールズが生きているかのようなシーンが・・・
まだ続く?ということなのでしょうか?

前2作は観ているのですが、いささか時間が空いていて、細かい内容が??な部分も・・・・
DVDレンタルで見直さないといけないようです。

Img2006_021 監督:ブレット・ラトナー
製作:サイモン・キンバーグ ザック・ペン
製作総指揮:スタン・リー ケビン・フェイグ ジョン・パレルモ ローレン・シュラー・ドナー ラルフ・ウィンター アビ・アラド
脚本:ザック・ペン サイモン・キンバーグ
撮影:ダンテ・スピノッティ
美術:エドワード・バリュー
衣装:ジュディアナ・マコフスキー
編集:マーク・ヘルフリッチ マーク・ゴールドブラット ジュリア・ウォン
音楽:ジョン・パウエル
キャスト:ヒュー・ジャックマン、ハル・ベリー、イアン・マッケラン、ファムケ・ヤンセン、アンナ・パキン、ケルシー・グラマー、ジェームズ・マースデン、レベッカ・ローミン、ショーン・アシュモア、アーロン・スタンフォード、ビニー・ジョーンズ、パトリック・スチュワート、エレン・ペイジ、ショーレ・アグダシュルー、ベン・フォスター、ダニエル・クドモア

DATE:2006/08/24 イイノホール(試写会)
評価:★★★☆

|

« 「ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT」 | トップページ | 「ファイヤーウォール」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「X-MEN ファイナル ディシジョン」:

« 「ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT」 | トップページ | 「ファイヤーウォール」 »