« 「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」 | トップページ | 「CUBE ZERO」 »

2006.05.28

「ダ・ヴィンチ・コード」

大ベストセラーミステリー「ダ・ヴィンチ・コード」の映画化です。
映画の方の興行も大成功になりつつあるようです・・・まあ、キリスト教関係方面からいろいろあるようですけど。

さて、わたくしめはというと、原作はかなり早い時期、映画化の話しが聞こえてくる前にハードカバーで読んでしまっていたので、映画化の話しが聞こえたとき、さて、どんな按配にこのかなりなが~~い原作をまとめるのだろう・・??などと思っておりました。また、日本人には、この「キリスト教」関係ものって、あまり理解されなかったり興行的にもいまいちだったりするんですよねぇ・・・

で、本作ですが・・・いやあ・・見事に説明に終始し2.5hに納めたな・・という感想。
ただし、終始説明・せつめい・セツメイなので、なんかメリハリに欠けて盛り上がりにかけるような気がするなぁ・・・という感想。原作を読んでいたせいか?

ちょっと前に日本の天皇制維持の話題で、男系継承か女系でもなんて話しがあったけど、キリストの血が女系で継承されているという設定は、なんか妙にシンクロしててちょっと面白い。原作では事実に基づいているとしてあるが。

Img2006_012 監督:ロン・ハワード
製作:ブライアン・グレイザー ジョン・キャリー
製作総指揮:トッド・ハロウェル ダン・ブラウン
原作:ダン・ブラウン
脚本:アキバ・ゴールズマン
撮影:サルバトーレ・トチノ
美術:アラン・キャメロン
音楽:ハンス・ジマー
キャスト:トム・ハンクス、オドレイ・トトゥ、イアン・マッケラン、アルフレッド・モリーナ、ポール・ベタニー、ジャン・レノ

DATE:2006/05/27 楽天地シネマズ錦糸町(錦糸町)
評価:★★★

|

« 「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」 | トップページ | 「CUBE ZERO」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ダ・ヴィンチ・コード」:

« 「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」 | トップページ | 「CUBE ZERO」 »