« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006.05.28

「ダ・ヴィンチ・コード」

大ベストセラーミステリー「ダ・ヴィンチ・コード」の映画化です。
映画の方の興行も大成功になりつつあるようです・・・まあ、キリスト教関係方面からいろいろあるようですけど。

さて、わたくしめはというと、原作はかなり早い時期、映画化の話しが聞こえてくる前にハードカバーで読んでしまっていたので、映画化の話しが聞こえたとき、さて、どんな按配にこのかなりなが~~い原作をまとめるのだろう・・??などと思っておりました。また、日本人には、この「キリスト教」関係ものって、あまり理解されなかったり興行的にもいまいちだったりするんですよねぇ・・・

で、本作ですが・・・いやあ・・見事に説明に終始し2.5hに納めたな・・という感想。
ただし、終始説明・せつめい・セツメイなので、なんかメリハリに欠けて盛り上がりにかけるような気がするなぁ・・・という感想。原作を読んでいたせいか?

ちょっと前に日本の天皇制維持の話題で、男系継承か女系でもなんて話しがあったけど、キリストの血が女系で継承されているという設定は、なんか妙にシンクロしててちょっと面白い。原作では事実に基づいているとしてあるが。

4042955037ダ・ヴィンチ・コード(上・中・下)
ダン・ブラウン 越前 敏弥
角川書店 2006-03-10

by G-Tools
B000FTRW0Wレオナルド・ダ・ヴィンチ・コード
レオナルド・ダ・ヴィンチ・コ
ハピネット・ピクチャーズ 2006-09-02

by G-Tools
B000HWY2JQダ・ヴィンチ・コード デラックス・コレクターズ・エディション
ダン・ブラウン ロン・ハワード トム・ハンクス
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 2006-11-03

by G-Tools


DATE:2006/05/27 楽天地シネマズ錦糸町(錦糸町)
評価:★★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.25

「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」

ハリーポッターシリーズの第4弾。
世の中では、ちょうど原作の第6弾「謎のプリンス」が書店に並んだばかり。
当然、わたくしも書店で購入・・・はぜず、地元の図書館に予約を入れてたりします。(こういう人が増えているので、新刊がなかなか売れないとか、図書館の本来の目的は・・とかいう話題にもなったりしてますが・・)

さて、この第4弾「炎のゴブレット」は諸般の事情で劇場にいけずにDVD発売まで待ってしまったのですが・・・・

う~~む、はっきりいって期待はずれかなぁ・・・
たしかこの巻から原作(日本語版ですけど)が上下2巻になっているんです。
ということは、内容豊富ってことなんですけどねぇ・・・・
これを2.5h強に詰め込んだのだから、どうにも説明不足なところが原作を読んでいても感じちゃいます。
ということは、原作を読んでない方にはかなりキツイのではないかなぁ・・っと。(それとも逆かなぁ?)

それからハリーもロンもハーマイオニーも見事に成長してくれちゃって・・・・
あと3作ですけど、キャストはこのまま行くのでしょうか・・・・??
(行った方が良いのか行かない方が良いのか、わたし的にはちょっと判断できないですが・・)

まあ、なんにせよ、原作も読み、映画も見続けるのでしょう・・>をれ

B000AR94DWハリー・ポッターと炎のゴブレット 特別版
ダニエル・ラドクリフ J.K.ローリング マイク・ニューウェル
ワーナー・ホーム・ビデオ 2006-04-21

by G-Tools

DATE:2006/05/24 DVD
評価:★★☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.06

5・5インボイスSEIBUドーム観戦記(1)

2006年シーズン、今期初観戦、私的パ・リーグ公式戦開幕です!!

やっと観戦できました。開幕戦あたりは寒くって・・・
もっとも、我がライオンズ、昨年とちがって今年の4月は絶好調で首位キープです。
新戦力、銀ちゃんの活躍もぼちぼちあったりして、なかなか楽しみな今シーズンであります。

さて、昨年も5月5日の松坂戦だったのですが、なんと今年も5月5日の松坂登板、相手はソフトバンクの斉藤でした。先発捕手は期待の銀ちゃん!!
我が応援団の「ぎんじろー、ぎんじろーすみたにぎんじろー!!」ってのが、なんとなくマリーンズ風で私的には好みでした。応援団もあの893・暴走族風の雰囲気が減ったようで、なかなか良い傾向!!(私感です)
松坂は前回登板で肘に違和感ということで、途中降板しているので、いささか不安もあったのですが、案の定、初回四球から1死満塁のピンチ!!ここはまあ、なんとか抑えたものの、松坂本調子とは思えない調子で3回に松中にHRを打たれ先制されてしまいます。後続はなんとか抑えて6回まで1点だけでしのいでいました。

一方、我が攻撃陣は斉藤の前に5回まで中島の内野案だ1本だけに完全に沈黙・・・・
こりゃ、今日はダメかな・・・完敗じゃぁ・・・っと思ったら6回の裏!! 斉藤君疲れたのでしょうか、先頭の赤田に四球、片岡はきっちり送ったんですが、石井がなにもできず・・・やっぱりダメだかっと思ったら、ナカジが粘って粘って四球・・・2死1・2塁で4番に入ってるベンちゃん!! やってくれましたフェンス直撃の2塁打で2点!!更に平野も2塁打で3点取って逆転!! おお!!更に7回にも2点、8回にはベンちゃんに2点HRがでて、一転大楽勝!!って感じ。

7-1になったので、セーブも付かないし、余裕があるので小野寺はお休みで・・・ということで、9回は正津投入!! これが大誤算・・・・先頭の江川にヒット打たれたのはヨシとしてもそのあと四球を2つで無死満塁はまずいよなぁ・・・・当然、正津降板で、に変わったんですけど、三井もちょっと打たれて1死とったものの3点取られて3点差・・・ここで、小野寺投入(銀ちゃんも細川に交代させられました)・・・小野寺もピシッとは行かなかったものの、なんとか逃げきって勝利!!

なんとも最後ははらはらドキドキのゲームでした・・・まあ、勝ったからヨシとしよう!!
正津は小野寺にセーブを付けてあげたかったのだろう・・・・っと、善意に解釈・・・う~~む苦しいか。

ちなみにカブさまはお休み、ちと残念。

ライオンズvsホークス 7-5 ○

観戦成績 1-0 さて今年は何回観戦に行けるか・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006.05.05

「ロンゲスト・ヤード」(2005)

バート・レイノルズ主演で1974年に製作された同名の映画のリメイク作品。
バート・レイノルズ扮するところのアメフトの元スタープレイヤーがちょっとしたことで服役することになり、刑務署長の策略(刑務官チームの当馬として)で刑務官のチームと囚人チームでアメフトの試合をすることに・・・・

っと、前作はバート・レイノルズの巧演もあって、なかなかの名作、個人的にも好きな作品だったので、その作品のリメイクということで鑑賞券プレゼントに応募、見事当選したので観にいきました。

リメイク作品というのは、往々にして落胆させられることが多いのですけど、この作品は良い!!よいです。
約30年あいてるわけですけど、その時代の間隔をうまく現代に置きかえられていて、更に前作にも忠実であるというところに好感が持てました。
前作を何度も見てしまっているので、展開は解ってしまっているんですけど、さそれでもラストシーンはなかなか・・・しかも、前作QB役の主演バート・レイノルズがコーチ役で出演し、しかもラスト前のおいしいタッチダウンシーンでプレイヤーで登場するなんて・・・・う~~ん、おいしすぎ!!

ちなみにボブ・サップもアメフト未経験のDT役で登場・・・って、元アメフト選手だったもんね。

惜しむらくはミニシアター扱いで、メジャーなシネコンで上映されてないこと・・まあ、仕方ないのかなぁ・・

B000E1KMEEロンゲスト・ヤード
バート・レイノルズ アルバート・S・ラディ ロバート・アルドリッチ
パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン 2006-03-24

by G-Tools
これは前作のアルドリッチ/バート・レイノルズ版
B000G5SITEロンゲスト・ヤード コレクターズ・エディション
ピーター・シーガル アダム・サンドラー バート・レイノルズ
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 2006-08-23

by G-Tools
こっちが本作


DATE:2006/05/04 K's cinema(新宿)
評価:★★★★

| | コメント (2) | トラックバック (4)

2006.05.03

「Mr.&Mrs. スミス」

アンジェリーナ・ジョリーとブラッド・ピットが夫婦役、しかもライバル組織のエージェント同士(お互いナイショ)の・・・という設定。
宣伝文句が「世界一の夫婦喧嘩」だと・・・・

アンジェリーナ・ジョリーはけっこう好きだし、設定が面白そうだと思って見たのですが・・・・

アクションもいまひとつ中途半端だし、ストーリーもなんだかなぁ・・??こりゃっていう感想。
途中で飽きちゃいました。
しかし、各々の組織も2人を潰す為に、あんなに被害を受けて大丈夫なのかいな・・・ほっといた方が良かったんじゃないのかいな・・・もっとも、それじゃ映画のお話が始まりませんが・・・

B000AOTWLEMr.&Mrs.スミス プレミアム・エディション
ブラッド・ピット ダグ・リーマン アンジェリーナ・ジョリー
ジェネオン エンタテインメント 2006-04-05

by G-Tools

DATE:2006/05/02 DVD
評価:★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »