« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006.03.15

「サウンド オブ サンダー」

レイ・ブラッドベリの名作SF小説を映画化した作品。
2055年、タイムトラベツの技術を開発したタイム・サファリ社は、恐竜の時代に戻って恐竜狩りのツアーで金もうけ・・・・・
しかし、過去から何か持ち帰ったり、過去に何かを残すと現代にまで影響が・・・・という前提で、ツアー客が誤って「蝶の死骸」を靴で踏んづけて持ち帰ってしまうことから、大惨事に・・・・・

まあ、原作のせいかもしれないけど、この設定にはいまいち説得力が無いように感じられるが、それはさておき出てくる異生物のデザインもなんかいまいち・・・

見るまえからBな雰囲気だよなぁ・・っと思っていたけど、まさに!! でした。

B000FOTK6Gサウンド・オブ・サンダー デラックス版
エドワード・バーンズ レイ・ブラッドベリ ピーター・ハイアムズ
ジェネオン エンタテインメント 2006-07-21

by G-Tools

DATE:2006/3/14 九段会館(試写会)
評価:★★

| | コメント (4) | トラックバック (3)

「県庁の星」

織田裕二、柴崎コウ主演のコメディ。
県庁のエリート織田君が、民間人事研修ということで民間スーパーに半年の研修に・・・
そして、派遣先スーパーのお守役がスーパーパートの二宮さきこと柴崎コウ・・・・・

織田君は無事研修を終了すれば、大規模プロジェクトに参加して、出世街道まっしぐら・・の筈だったのですが・・・・

派遣先のスーパーがちょっと系列店の中でも問題児だったり、役人根性どっぷりの織田君が空回ったりで、なかなか面白い・・・なんとなく伊丹作品を彷彿とさせるテイストでした。
そして、目を覚ました織田君がスーパーの建て直しに成功し、県庁に戻って今度は大規模プロジェクトの無駄を指摘したプランBを発表するも、元アナウンサーあがりの知事に「前向きに検討」という言葉でゴミ箱行き・・・
まあ、織田君もすんなり通るとは思ってはいなかったようで、戦いはこれからだ・・という雰囲気を感じさせられました。

個人的には、2hドラマのテイストもあったので、劇場版でなくても・・という感は無きにしもあらずだったけど、それなりに好評価。






原作 桂望実
監督 西谷弘
脚本 佐藤信介
音楽 松谷卓
出演 織田裕二/柴咲コウ /佐々木蔵之介/石坂浩二

DATE:2006/03/14 錦糸町シネマ8楽天地(錦糸町)
評価:★★★

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.03.09

「ブレイド3」

ウェズリー・スナイプス主演のバンパイアーハンター物。
もともとの原作は、やっぱりマーベルだということで、1,2を見てしまった関係上、「完結編」とまでうたっていたので、見てしまいました。

まあ、基本的にはこの手の物はキライではないので、けっこう楽しめました、が、まあ、なんといってもいささかお話がチープ・・・このシリーズでは1がやっぱり良かったかな。

B000B56P1Wブレイド3 スタンダードエディション
ウェズリー・スナイプス デヴィッド・S・ゴイヤー クリス・クリストファーソン
ポニーキャニオン 2005-12-22

by G-Tools


DATE:2006/03/08 DVD
評価:★★

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »