« 「イーオン・フラックス」 | トップページ | 「ブレイド3」 »

2006.02.24

「ハイド アンド シーク 暗闇のかくれんぼ」

「Hide and seek」 とは 「かくれんぼ」のことだと。
9歳のエミリーは母の自殺をきっかけに心を閉ざしてしまった。父親のデビットは娘の心の傷を癒そうとNY郊外に引っ越すが、娘は架空の友達“チャーリー” と遊ぶようになった。そのときから飼い猫が殺されたり、バスルームに残酷な落書きがあったりと異変が次々と起こる。すべてチャーリーの仕業なのか…。
ロバート・デ・ニーロとダコタ・ファニング共演のスリラー。
ダコタファンの私がちょっと見逃していた作品。

某所の批評では、6センス落ちだとか書かれていましたが、私はちょっと違うように思う。
ただ、ちょっとエンディングは予想できるものの、デ・ニーロもダコタも好演。
相変わらずダコタは上手い!!

DVDではエンディングが公開版と非公開版の2種類あったので、楽しめた。
話しの流れからすると、非公開版の方があとあと納得できるような気もする。

Img2006_004 監督:ジョン・ポルソン
製作:バリー・ジョセフソン
製作総指揮:ジョー・カラッシオロ・Jr.
撮影:ダリウス・ウォルスキー
美術:スティーブン・J・ジョーダン
音楽:ジョン・オットマン
キャスト:ロバート・デ・ニーロ、ダコタ・ファニング、ファムケ・ヤンセン、エリザベス・シュー、エイミー・アービング、ディラン・ベイカー、メリッサ・レオ、デビッド・チャンドラー

DATE:2006/02/23 DVD
評価:★★★

|

« 「イーオン・フラックス」 | トップページ | 「ブレイド3」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ハイド アンド シーク 暗闇のかくれんぼ」:

« 「イーオン・フラックス」 | トップページ | 「ブレイド3」 »