« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006.02.24

「ハイド アンド シーク 暗闇のかくれんぼ」

「Hide and seek」 とは 「かくれんぼ」のことだと。
9歳のエミリーは母の自殺をきっかけに心を閉ざしてしまった。父親のデビットは娘の心の傷を癒そうとNY郊外に引っ越すが、娘は架空の友達“チャーリー” と遊ぶようになった。そのときから飼い猫が殺されたり、バスルームに残酷な落書きがあったりと異変が次々と起こる。すべてチャーリーの仕業なのか…。
ロバート・デ・ニーロとダコタ・ファニング共演のスリラー。
ダコタファンの私がちょっと見逃していた作品。

某所の批評では、6センス落ちだとか書かれていましたが、私はちょっと違うように思う。
ただ、ちょっとエンディングは予想できるものの、デ・ニーロもダコタも好演。
相変わらずダコタは上手い!!

DVDではエンディングが公開版と非公開版の2種類あったので、楽しめた。
話しの流れからすると、非公開版の方があとあと納得できるような気もする。

B000BIUDUIハイド・アンド・シーク 暗闇のかくれんぼ
ロバート・デ・ニーロ ジョン・ポルソン ダコタ・ファニング
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2006-01-07

by G-Tools


DATE:2006/02/23 DVD
評価:★★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.02.21

「イーオン・フラックス」

80年代にUS・MTVで深夜にアニメで放送されていたものを実写・劇場版にしたという話し。

よくありがちな設定で、未知のウィルスで人類が少数を残してで滅亡。
特定のあるエリアで、特定の支配者の元での生存環境。当然、反支配者グループが出現し、抵抗運動が・・・

「モンスター」でアカデミー賞を取った、シャーリーズ・セロンが主演ということで、ちょっとは話題に・・

上映時間も93分と短かったせいもあるのか、いまいち内容に??なところ多し。
話しの筋が希薄で、なにがなんだか??だらけ・・
とりあえずシャーリーズ・セロンがちょっとエロかっこいいアクションを繰り広げるとこだけしか見所が無いと言っても過言ではないと思う。

ちなみに監督のカリン・クサマ氏は日系の血を引いているとかで、そのせいか妙に日本風の映像がちょこちょこ出てくる・・が、番傘は無いよなぁ・・・


B000GJ0MT4イーオン・フラックス スタンダード・エディション
ピーター・チョン フル・ヘイ マット・マンフレディ
ジェネオン エンタテインメント 2006-09-27

by G-Tools

DATE:2006/2/20 九段会館(試写会)
評価:★★

| | コメント (2) | トラックバック (4)

2006.02.18

「マインドハンター」

FBIの心理分析官(プロファイラー)を目指す訓練生7人が、最終試験を行なう軍の訓練施設がある無人島で連続殺人事件が発生する。訓練生が一人づつ時間の予告にしたがってトラップにはめられ殺害されていく。
島内には訓練生7人と試験のオブザーバーとして送り込まれたフィラデルフィア市警殺人課の刑事1人。
互いに互いを疑い疑心暗鬼になっていく。
さて、犯人は?目的は?

とまあ、結局アガサ・クリスティの「そして誰もいなくなった」をモチーフにしているわけですが、この中にCSIばりの科学操作やプロファイリングの要素を取り込んだという感じです。

犯人当てに関しては、もしかしてと解ってしまうのですが、もしかしてもうちょっと捻りがと期待し過ぎた私がバカでした。
でも、映像はなかなか面白く、演出も良かったかも・・・
ただ、動機がなぁ・・・・・
いずれにせよ、レンタルなら・・・と思わせた1本でした。(この手の犯罪心理物好きだから)

B000G8NVK2マインドハンター
LL・クール・J レニー・ハーリン キャサリン・モリス
アミューズソフトエンタテインメント 2006-09-22

by G-Tools


DATE:2006/2/17 九段会館(試写会)
評価:★★★

| | コメント (0) | トラックバック (2)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »