« 2005年10月 | トップページ | 2006年1月 »

2005.12.29

「ザ・インタープリター」

インタープりターと聞くと、どうしてもコンピュータのプログラム関係と結びつけてしまう悲しいサガ・・・・ちゃんと解釈すれば「翻訳」とか「通訳」という意味なのよね・・・

ということで、ニコール・キッドマンが国連の通訳として働いていたときに、要人の暗殺計画を担当する言語で聞いてしまったところから始まるというテロ対策サスペンス・・・でした。
で、要人警護のSPにショーン・ペン。なかかな好演。

派手なシーンや凝ったトリック、映像がそれほど多くあるわけではないが、その「本」の良さにはなかなか感心させられるものがあった。
特に、国連の立場と位置付け、アフリカの某国(という設定)などの発展途上国や内乱の起きている国や地域の問題、と、世界の警察を自称しつつその立場のあやうくなりつつあるアメリカの立場・・・などをシニカルにこそっと触れつつエンディングに向かうってわけで・・・

結構、好きです。

B0009MUDV0ザ・インタープリター
ニコール・キッドマン シドニー・ポラック ショーン・ペン
ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン 2005-09-23

by G-Tools

DATE:2005/12/28 DVD
評価:★★★☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.22

「ディック&ジェーン 復習は最高!!」

1977年にジョージ・シーガルとジェーン・フォンダの共演で製作された「おかしな泥棒ディック&ジェーン」を、ジム・キャリーとティア・レオーニでリメイクした痛快コメディ。

ある日突然会社が倒産、しかも元社長に騙され役員に抜擢されたとばかり思っていた直後・・失業した主人公は夫婦で強盗稼業に転身、最後には不当にもただ一人巨万の富を手にした元社長に対し復讐する。

まあ、なんというかジム・キャリーのドタバタ加減がちょっと鼻についてしまいまいした。
話しの展開、最後は元社長にまんまと一杯くわせてメデタシ目出度しだったんですけど、「用意周到な計画」なんてなものはまったく感じず、いきあたりばったり結果オーライみたいな展開で、ちょっとあきあきしちゃいました。
あの名作「スティング」みたいな痛快さがあれば・・・

B000EHRA9Sディック&ジェーン
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 2006-06-07

by G-Tools

DATE:2005/12/21 ヤクルトホール(試写会)
評価:★☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.17

「エンパイア・オブ・ザ・ウルフ」

ジャン・レノ主演のミステリー・・・フランス映画。
以前より書いているが、どうもフランス映画とは相性があまり良くないらしい・・・
原作はジャン=クリストフ・グランジェの「狼の帝国」だそうな。

パリでトルコ人女性の不法入国女性が惨殺されるという連続殺人が・・・
一方で、記憶に障碍があるという女性・・実は当局に記憶を操作されたことが判り逃亡、当局から追われることに・・
そして、なぜか判らぬトルコ人の組織と麻薬の密輸入。

う~~む、原作物らしく原作のエッセンス盛りこみ放題で、2時間強に納めているのは見事・・かな。
しかし、いかんせん説明不足は否めず、各所に「なぜ?」が残った作品だった。

ジャン・レノはあまり好きではないが、なかなか好演。若手熱血刑事役のジョスラン・キブラン(良く知らない・・・)はかなり良かった。

国内の興行は厳しいらしく、できたばかりのMOVIX川口で観たかったのだが上映予定無しだったので、MOVIXさいたまへ・・・ここも、来週には上映終了のようだ。

448821407X狼の帝国
ジャン=クリストフ・グランジェ 平岡 敦
東京創元社 2005-12-07

by G-Tools

DATE:2005/12/16 MOVIXさいたま
評価:★★★

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005.12.15

「アイランド」

鳴り物入りでCMしてたけど、興行的にはいまいちだったドリーム・ワークスの作品。
そんなこんなでパラマウントに買われちゃったのかなぁ・・・??とか

で、作品は2019年・・・ある企業がリッチな方々向けに「保険」と称して自己の人体スペアを作る技術を開発・提供・・早い話、クローンを作って臓器などのスペアにしちゃおうってわけ・・・

本来、自我は無いとされていた2体のクローンが隔離施設を脱出して、この事実を明らかにし、自らを生存させる術を模索してチェイスとなってしまっていく・・ってなお話。

この2体のクローンが逃走していく間に、事故や銃撃などで犠牲になっていく回りの人々・・う~~む、なんか矛盾しているような・・・などと感じつつも、けっこう最後まで一気に見てしまいました。
で、結局、製品と呼ばれていたクローン達は解放されるようなのだけど、はて、その後は・・・??とも。

まあ、けっこう楽しめました。

B000BIX81Oアイランド
ユアン・マクレガー カスピアン・トレッドウェル=オーウェン マイケル・ベイ
ワーナー・ホーム・ビデオ 2005-11-25

by G-Tools


DATE:2005/12/14 DVD
評価:★★★

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.12.02

「フォーガットン」

ジュリアン・ムーア主演。
飛行機事故で無くした息子の存在自体が周囲から否定されて、自分の精神がおかしいとまでいわれる母親の戦いと描いたサイコ・サスペンス。CMの予告に釣られて思わず借りてみてしまいました。
中盤には国家安全保障局(NSA)なんぞも登場して、おお、国家陰謀の臭いが・・・

っと、思ったら オチ はなんと・・・

中盤までなかなかテンポ良く進んでいたので、どう決着つけるのかなっと思ったら、Xファイル落ちとは・・・
かなりがっかり来ました。まあ、同じオチでも、もうちょっとやりようがあったのではないのかなぁ・・・っとも。

いささか残念な作品ではありました。

B0009YT3TQフォーガットン
ジュリアン・ムーア ジョセフ・ルーベン ゲイリー・シニーズ
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 2005-11-02

by G-Tools

DATE:2005/12/01 DVD
評価:★★

| | コメント (0) | トラックバック (2)

« 2005年10月 | トップページ | 2006年1月 »