« 「宇宙戦争」 | トップページ | 「姑獲鳥の夏」 »

2005.07.03

「レディ・ジョーカー」

高村薫原作の映画化。
原作は未読。
はっきり言って何がなんだかわからなかった・・・・・

グリコ・森永事件のように企業のトップを誘拐し、身代金を奪うというお話なのだが、おそらくその背景には深いものがあって、原作では丁寧に表現されているのだろう・・・しかし、いかんせん2時間強という枠のなかでは省かざるをえなかったというところか、そのせいで背景がぼやけてしまって、せっかくのキャストももったいない・・という感じであった。

障碍者である「レディ」の役廻りも結局??なまま見終わってしまった。
原作を読んでからみるとまた違った評価になるのかも・・しかし、それでは「映画」という独立しているメディアを否定しているような気も・・・難しいところかなぁ・・・

B00067HDXYレディ・ジョーカー
渡哲也 高村薫 平山秀幸

日活 2005-06-21
売り上げランキング : 5,982

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

DATE:2005/07/02 DVD
評価:★☆

|

« 「宇宙戦争」 | トップページ | 「姑獲鳥の夏」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「レディ・ジョーカー」:

» ■レディ・ジョーカー [ルーピーQの活動日記]
 平成16年10月、日之出ビール社長・城山恭介(長塚京三)が誘拐された。“レディ・ジョーカー"と名乗る犯人グループのメンバーは、薬店を営む物井清三(渡哲也)、障害を持つ娘・さち(愛称レディ)を抱えるトラック運転手の布川淳一(大杉漣)、信用金庫に勤める在日の高克己..... [続きを読む]

受信: 2005.07.03 11:37

« 「宇宙戦争」 | トップページ | 「姑獲鳥の夏」 »