« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »

2005.03.13

「スウィング・ガールズ」

あの「ウォーター・ボーイズ」で有名な矢口監督作品。
今度は女子高生がJAZZのビッグ・バンドを結成して、その魅力にとりつかちゃうってお話し。

「ウォーター・ボーイズ」もモデルがあったわけですが(我が埼玉県の川越高校)、この話しにもモデルがあるわけで、今度は兵庫県の加古川・高砂高校だそうな。

で、ほとんど楽器には素人だった出演者が、吹き替えなしで演奏しているところなんぞは、メイキングなどでみていたせいか感動ものだった。

作品的には、前半のしぶしぶJAZZをやる羽目になったところから、なんか取りつかれたところを中心に描いていたが、練習して上達していく過程がちょっと省かれていたところが残念だったかなというところ。
ワタシ的にはWBの2番煎じ、ワン・パターン?という声も聞こえないではないが高評価!!
DVDに入っていた監督+ガールズ2組による音声解説編も見てしまったので、都合3回見てしまった。

B0006ZJAZKスウィングガールズ スタンダード・エディション
上野樹里 矢口史靖 貫地谷しほり
東宝 2005-03-25

by G-Tools

DATE:2005/03/11 DVD
評価:★★★★

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.03.09

「ハウルの動く城」

話題の宮崎アニメ。どうしようかなぁ・・と考えていたんですが、遅れ馳せながら・・
邦画の興行成績上位3位まで宮崎アニメで、この「ハウル」も2位に入っているとか・・・

B000AOXE0Yハウルの動く城 特別収録版
ダイアナ・ウィン・ジョーンズ 宮崎駿 木村拓哉
ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント 2005-11-16

by G-Tools

ワタシ的には「紅の豚」がサイコー!!っと思ってるので、「千と千尋」も「もののけ」も観たけど、なんかいまいちという感が・・・

で、この「ハウル」・・どうやら原作はイギリスの児童文学をベースにしたらしいのですが・・
廻りの評価も可・不可両方の声が多々・・・

絵やキャラじゃなく話しを重視する私としては、やはりいまいち解り難かったというのが最大の印象。
某所の評価に書いてありましたが、「1.ハウル魔法学校に入るの巻、2.ハウル悪魔と契約して城を手に入れるの巻、3.ハウル荒れ地の魔女と出会うの巻、4.ハウルソフィーと出会うの巻、5.ソフィー魔女に呪いをかけられるの巻、6.ハウル年とったソフィーと出会うの巻、7.すべての呪いは解かれるの巻」などという連作にしたらどうだなどというのがありましたが、まったく同感。
まあ7部作ってのは言い過ぎかもしれないですけど、もうちょっとエッセンスを絞って話しを見えるようにして欲しかったなぁ・・・

ということで、評価も辛口。

DATE:2005/03/07 錦糸町シネマ8楽天地(錦糸町)
評価:★★☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.06

「ハサミ男」

メフィスト賞受賞作品の映画化。
豊川悦司と麻生久美子が連続美少女殺人事件、死体ののどにハサミを突き立てて殺すというシリアルキラーの役。
ところが第3の事件は模倣版・・真犯人を探す羽目に。

原作を読んでいないので、なんとも難しかったが、終わってみるとなかなか良く出来ていた。
豊川と麻生は恋人か・・・?と思わせる序盤、実は・・・で、真犯人は・・・(ここはがっかりだったけど)

この手の作品はけっこう好き、まあ、難クセをつければつけられないことは無いけど、まあヨシとしましょう。
ただ、興行的にはたぶん厳しいかもしれないなっと。

雪が降っていたので、パスしようかとも思ったが、行って良かったかも。

B000ARD906ハサミ男
豊川悦司 殊能将之 池田敏春
東宝 2005-11-25

by G-Tools

ハサミ男
ハサミ男


DATE:2005/03/04 一ツ橋ホール(試写会)
評価:★★★☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.01

「ナショナル・トレジャー」

新庄剛志プレゼンツ!!のプレミア試写会が当ったので行ってきたわけですが・・・

最初の30分くらいに新庄が出てきてぐだぐだ・・・っと、司会の某が「生新庄を見る機会なんてないでしょう!!」などとほざいておったが、あたしゃ西武ドームで何度も見てるわい!! っと、心の中でぶつぶつと。

で、本題の作品

う~~む、面白い?面白くない? 解りません。
ただ、安心して見られる作品ではあるかも・・しかし後に何も残らない・・残念。


テンプル騎士団だかフリーメイソンだかがアメリカ独立当時、アメリカに持ち込んだ旧ナイルの秘宝を、悪党に渡さない為に探して守る・・で、その場所の秘密はアメリカの独立宣言書の裏面に隠されている・・という設定で。
ハラハラドキドキもやや物足りず・・・RPGのような謎解きも日本人のせいか説明が足りないのかち~~とも理解出来なかったですねぇ・・で、結局NYの地下に大空洞が・・・そんな馬鹿な設定かい・・・っと。

しかし、どうしてこの手のトレジャーハンティング物には、ハンターの男と補佐に女性が出てきて、最後にはくっついちゃうという定番のような設定が・・・いいかげん変えた方が良いと思うのだがなぁ・・

B0007N0YGAナショナル・トレジャー 特別版
ニコラス・ケイジ ジョン・タートルトーブ ジョン・ボイド
ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント 2005-08-24

by G-Tools

DATE:2005/02/28 東京国際フォーラムA(プレミア試写会)
評価:★★☆

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »