« 8・13西武ドーム観戦記(7) | トップページ | 「バイオハザード2」 »

2004.09.04

「ペイチェック」

ブレードランナーの原作でお馴染みのフィリップ・K・ディック原作の映画化。

違法なリバースエンジニアリングを請け負うエンジニアが旧友の依頼を受けて、これまたちと大掛かりな装置の開発を請け負ってしまうというもの。
違法な作業を請け負っているだけに、作業完了時に記憶操作されて記憶の消去を受ける・・というのがこの作品のキーポイント・・なんだけど。

で、その装置に疑問を持ったのか、かつての旧友と対決するという・・
ペイチェックとは報酬のことなんだけど、記憶消去される前に自分宛てに20アイテム残して、そこから謎解きをしていくという話し。

まあまあSFアクション物としては楽しめました・・が、どうにも消化不良な感は否めなかった。その行動の「なぜ」が描ききれていないような・・

B0001851BEペイチェック 消された記憶
ベン・アフレック フィリップ・K・ディック ジョン・ウー
ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン 2004-08-25

by G-Tools

Date:2004/9/1 DVD
評価:★★★

|

« 8・13西武ドーム観戦記(7) | トップページ | 「バイオハザード2」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ペイチェック」:

« 8・13西武ドーム観戦記(7) | トップページ | 「バイオハザード2」 »