« 2004年2月 | トップページ | 2004年4月 »

2004.03.28

3・27西武ドーム観戦記

パ・リーグ公式戦開幕です!!

13時開始ということで、早めにと思ったのだけど12時になってしまい、FCグッズ引き換え場とかポイントアップには長蛇の列・・お楽しみ抽選券も貰えませんでした。失敗しっぱい。

先発は5年連続、もう小僧とは呼べない24にも成ろうかという松坂、対ロッテは清水。
う~~む、松坂の開幕戦の戦績はあまり良くないのだよなぁ・・カブも居ないし・・
で、注目のキャッチャーは野田。さて、正捕手の座は如何に?

ゲームの方・・案の定松坂は立ちあがり悪く、ストレートも145kmちょい、しかも高めに・・ということで、初回に話題の李に打たれ、2点献上。

2回にカブの穴埋めるべく4番起用のベンちゃんが初球をライトスタンドへ放りこむものの3回にまた2HR打たれて1-4・・7回まで3安打1点じゃ勝てませんって。
8回裏にロッテから移籍してきたフェルナンデスが2点HR打って3-4と追い上げたものの、9回にダメ押しの1点取られて松坂完投負け。

結果3-5で敗戦でした。
ちなみに松坂の開幕戦の成績は1勝3敗・・今日は三井vsミンチー。

今年は厳しいなぁ・・

パリーグ的には、西武ドーム 48000、福岡ドーム 48000、大阪ドーム 41000 計137000人の動員で1日の観客動員過去最多だったそうです。

観戦成績 0-1 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.11

「アイデンティティ」

「雪山の山小屋」などという密室推理定番のシチュエーションに近い「大雨で閉じ込められたモーテルの10人の人々」という設定で殺人事件が起きていく・・・
で、犯人は・・?? それとチョコチョコ挿入される死刑囚の刑執行直前の審判。
各所にあの名作「サイコ」を意識した作りがあるような。

なかなか面白いかなぁ・・っと思っていたら、オチは「多重人格障害」と来たもんだ。
映像が暗い感じがしたし、展開ももたっとした感触があったので、某サイトの評価はけっこう高いんだけど、私的にはいまいち。

B0000CDTVLアイデンティティー コレクターズ・エディション
ジョン・キューザック ジェームズ・マンゴールド レイ・リオッタ
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 2004-02-06

by G-Tools

DATE:2004/3/10 DVD
評価:★★

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2004.03.03

「ファム・ファタール」

2003年夏に公開された作品。確か別の作品とバッティングしてあまり効果的な宣伝を出来なかったとか記憶してる。
唯一ショパールの蛇型ビスチェをちょっと話題にしてたかなっと。ほとんど裸だけど。
そのビスチェを盗んじゃうというちょっとしたサスペンス物。

はっきり言って私はフランス物と相性わるいんですねぇ・・

この作品も序盤ちょっともたもたっとしてて、中盤おっ・・なかなかいいじゃん・・★4つあげようかなっと思っていたら、終盤のどんでん返しで、あららら・・・・なんじゃそりゃ。
確かにどんでん返しで★5つ!!!なんて作品もあったりするけど、この作品の場合は、おいおい、そりゃ無いでしょう・・

B0000C7P89ファム・ファタール
レベッカ・ローミン=ステイモス ブライアン・デ・パルマ アントニオ・バンデラス
東宝 2004-01-30

by G-Tools

DATE:2004/3/2 VIDEO
評価:★★

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「黄泉がえり」

SMAP草なぎ剛/竹内結子主演でけっこうヒットした作品なので、借りてみました。
RUIこと柴崎コウの歌も売れたし。

キャストが豪華。
死んだ人にもう一度会いたいという思いと何かの現象で死者が一時期黄泉がえってくるというラブ・ロマンス+SFチックな内容。
しかし、キャストが豪華なだけに一つ一つのエピソードがぼやけてしまった。
唯一竹内結子扮するところの葵が実は黄泉がえりだったという伏線には気づかなかった。
★4つでもいいかなっと思ったけど、もう一つ物足りなかったので、3つにしておきましょ。

B00008NWAB黄泉がえり
草ナギ剛 梶尾真治 塩田明彦
東宝 2003-08-21

by G-Tools

DATE:2004/3/2 VIDEO
評価:★★★

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.03.02

「バトル・ロワイアルII」

あの深作欣二監督の遺作となってしまった話題作。
前作「バトル・ロワイアル」は先に原作を読んでいて、確かに問題となるような作品だけど、なかなか内容も濃いなっとは思っていました。
映画化された作品も見ましたけど、映像にするとちょっとなあ・・・ってなところも多々。
さて、原作には続編は無いのですが、映画独自の脚本の続編。生き残った七原秋也がどうなったのか・・という視点で展開させたのだろうけど、国外へ脱出しテロリストになって帰ってくるというのはいささか??なところである。
まあ、そういう展開にしたい気持ちも解らんではないが、結局何を見せたかったのか・・・汲み取れないこともないけど、結局、大人vs子供のドンパチじゃしょーがないだろう・・七原秋也だってもうちょいすれば大人側になっちゃうし。
彼は日本で言う大人=20歳を超えたらどうするんだろう・・とか余計なこと思ってしまいました・・とさ。

B00008WJ2Kバトル・ロワイアル II 鎮魂歌(レクイエム) 通常版
藤原竜也 深作欣二 深作健太
東映ビデオ 2003-12-21

by G-Tools

DATE:2004/3/1 DVD
評価:★★

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2004年2月 | トップページ | 2004年4月 »